サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 野安ゆきおさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年2月)

野安ゆきおさんのレビュー一覧

投稿者:野安ゆきお

2 件中 1 件~ 2 件を表示

9月23日今日のおすすめ書評

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 全世界で2000万本。今後しばらく破られないであろう記録的ヒットを達成したゲームソフト『ポケットモンスター』は、いかにして生まれたのか? 

 この本は、ゲーム作家・田尻智と、彼が率いるソフト制作集団ゲームフリークが、ゼロから『ポケットモンスター』を完成させるまでを描写した貴重な記録である。


 ゲームフリークのスタッフでもあった著者は、サクセスストーリーの本にありがちな「ドラマチックな物語」などの話法に頼ることなく、ソフトの作り手たちの行動を、むしろ淡々と描写していく。田尻智の学生時代の様子から、ゲーム制作のプロとして会社を成長させていく過程、その途中で作られた数々のゲームソフトの中身と、そこに込められたゲーム制作の理念までを、ひとつひとつ書き記していく。

 そこから浮かび上がるのは、「いいソフトを作りたい」という作り手たちの揺るぎない意志。『ポケットモンスター』が世界中の人々に愛されたのは、正しい取捨選択の末に産まれた必然であったことが、鮮やかに解き明かされる。ゲームファン必読の1冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ノーライフキング

2000/07/28 00:13

本書は貴重な存在なのである

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 『ノーライフキング』というロールプレイング・ゲームを解けなかった子は、呪われて死ぬ。
 そんな噂が小学生の学習塾で流れる……。

 小学生たちがはじめて向かいあう死やリアル。
 いつも大人はわかってくれない。だから彼らはゲームの世界で戦い、あがきつづける。

 なんつって、この物語が出版されたのは86年。今振り返ると当時のゲームは熱かったなあ、と思うのだ。本書にはバグや裏技といった、なんとも懐かしい言葉がたくさん出てくる(※バグとはゲームソフトの制作過程で生じるプログラム上のミス。裏技とは、そのバグを利用してゲームを遊ぶこと)。あの頃は素朴なゲームソフトがほとんどだったから、バグも多かったし、裏技を見つけることもしょっちゅうだった。しかし、だからこそゲームに夢中になれた。裏技を見つけることがもうひとつのゲームだった。

 しかし、昨今の複雑化したゲームでは、あのドキドキした不思議な感じは、なかなか生まれない。今や裏技という言葉は死語だし、バグという言葉にロマンチズムは失われた。

 しいていうのなら『ポケモン』か。151匹目のポケモンの噂(これは制作者が仕込んだものだった)や、ポケモンの増殖ワザなど、いろんな裏技がネット上を駆けめぐった。もしかしたら、そこには『ノーライフキング』の影があったのかもしれない。

 かつてのゲームが投げかけた、あの影を忘れないために。
 本書は貴重な存在なのである。
(野安ゆきお・ゲームライター)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示