サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 東條 智津さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

東條 智津さんのレビュー一覧

投稿者:東條 智津

7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本日本の社会保障

2001/09/07 15:41

社会保障には「所得の再分配」と「リスクの分散」機能があることを説明

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 著者は、現在の社会保障をめぐる議論について、(1)医療、年金、福祉といった個別のテーマがタテワリに論じられ、そして(2)それらの議論の多くが、「当面の財政難をどうしのぐか」、といった対処療法的な議論に終始していることを、問題点として指摘しています。この問題点が、結果として国民の間に大きな不安を広げていると分析しています。この本では、タテワリで論じられることの多いこれらの問題を、市場や倫理、共同体、日本だけでなく諸外国の制度といった、様々な視点から考証しています。

 本書では、社会保障には「所得の再分配」と「リスクの分散」機能があることが説明されています。現在の議論は、そのほとんどが、世代間扶養(若年者が高年齢者を支える)のものばかりで、同世代間における「所得の再分配」機能については、ほとんど議論されません。著者はこの機能の重要性を説いています。また、「所得の再分配」的性格の強い国民年金や老人医療福祉については、税方式で保障するべきであると提案しています。そして、「リスクの分散」的性格が強く、また逆選択(リスクの高い者ばかりが加入する)の恐れがある若年者の医療保険については強制加入である社会保険で保障し、厚生年金の報酬比例部分については民間に移行することを提案しています。

 さらに著者は、現行の社会保障制度ができた時代と現在の状況との変化を理由に、公私の役割分担の見直し(国がどこまで保障し、自己責任をどこまでとするのか)を主張しています。テーマが広いこともあり、内容が少し難解ではありますが、この本を読むと社会保障について、横断的な広い視野をもつことができるでしょう。
(「かけこみ寺」の税金・経理・労務ワンテーマブックガイド−その他編  第10回 なんとなく不安な「社会保障制度」について本当のところを知ろう。 より )

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

年金についての様々な誤解を解くとともに、税方式の年金制度を提案

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 平成13年4月から、厚生年金における「定額部分の支給開始年齢」の引き上げが始まり、世間ではより一層、年金不信の雰囲気が漂っています。しかし著者は、現在の年金危機説は誤解だとし、年金不安が高まったのは、年金の将来について自らの言葉で語ろうとしない多くの政治家や、経済オンチの年金官僚、勉強不足のマスコミが原因だとしています。

 この本の中で著者は、公的年金不要論者の意見としてよく出される「年金民営化」については、女性や低所得者に不利な状況になる可能性が高く「現実的ではない」と主張しています。なぜなら、まず、女性については男性に比べて平均的に長生きするため、同じ掛金なら給付を低くせざるを得なくなります。また、逆に同水準の給付を確保しようとすれば、女性の負担(掛金)が著しく大きくなってしまいます。また、低所得者については掛金の絶対額が少ないため、ハンドリングコスト(年金の管理費用)の割合が高まり、低所得者ほど利回りが低くなり、充分な給付を受けられない結果となります。

 このような指摘は、専門家でなくても少し知識があればすぐに思いつくことであるにもかかわらず、ほとんど報道や議論されないのはどうしてなのか、首をかしげたくなります。この本では他にも存在する年金についての様々な誤解を解くとともに、「年金目的消費税を導入すれば、給付水準の引き下げも、保険料の引き上げも不要であるはず」と、税方式の年金制度を提案しています。
(「かけこみ寺」の税金・経理・労務ワンテーマブックガイド−その他編  第10回 なんとなく不安な「社会保障制度」について本当のところを知ろう。 より )

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

これから私達が乗り越えるべき壁は何なのかが、この本を読むと見えてくるでしょう

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 私が幼い頃、痴呆の曾祖母を家で介護していた時期がありました。その時、介護により家族全員の生活は一変しました。24時間、曾祖母を中心に生活せざるを得ないのです。介護の負担はとても重いと思います。介護保険制度は、このような介護問題を、個々人の努力ではなく「社会全体で何とかしよう」という目的で始まりました。

 介護保険制度と、年金や健康保険に関する問題との決定的な違いは、「家族の幸せとは何か」という問題に必ず触れてしまう点にあります。家族のあり方や、価値観を抜きには話せない、とても難しい問題を含んでいます。著者は、「(平均的な)大正期のライフサイクルを見てみると40歳前には親と死別している。(昔は)長期にわたる介護による労苦はなかった」というように、現在なお強く残る「介護美風論」の根拠に疑問を投げかけています。このような解説から、介護保険制度の必要性を理解できると思います。

 また、なぜ介護保険制度が導入され、利用者が利用料(保険料)を支払うこととなったのか、その経緯も解説されています。従来、介護に関する行政は、社会福祉の一環として実施されていたため、「御上からのお情けだから下々の者は注文をつけられない」状況であったと述べ、そのために介護保険制度が導入されたとしています。利用者が保険料(利用料)を支払うことで、人々を「物言える人々」とし、利用者本意の制度の実現を目指したものであると解説しています。どうして今の介護保険制度ができたのか、これから私達が乗り越えるべき壁は何なのかが、この本を読むと見えてくるでしょう。
(「かけこみ寺」の税金・経理・労務ワンテーマブックガイド−その他編  第10回 なんとなく不安な「社会保障制度」について本当のところを知ろう。 より )

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最新就業規則の落とし穴

2001/09/05 18:10

就業規則の見直しを行いましょう。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 中小企業では、「就業規則はあるけれど手直しがされていない」という会社が多いと思います。この何十年かで時代も法律も大きく変わっています。何十年も前に作られたままの就業規則が「ほったらかし」になっていませんか? 大企業の担当者も油断してはいけません。前の担当者が、きちんと改定してくれているはず、と思っていたのに、ふと就業規則を見るとビックリ! ということがあるかもしれません。この機会に、就業規則の見直しを行いましょう。

 なお、この本は、「就業規則の作り方」を解説したものではありません。単に、「法に違反しないような」就業規則の作成方法を解説しているわけではありません。「労務管理の一環」として就業規則を定めるという考え方に基づいて記述されています。この本を利用して、労務管理の大切なツールとして、就業規則を見直していきましょう。
(「かけこみ寺」の税金・経理・労務ワンテーマブックガイド−労務編 第6回 人事労務管理を見直そう より)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

題名だけ見るとややこしそうですが、考え方はシンプルです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 年俸制とあわせてよく耳にするのが、「退職金制度の見直し」についてです。今までは当然のように支払ってきた退職金ですが、見直しが急務となっている会社が少なくありません。この本は、著者が編み出したハイブリッド・ポイント制退職金について説明しています。ハイブリッド・ポイント制退職金とは何でしょうか? 題名だけ見るとややこしそうですが、考え方はシンプルです。

 まず「ポイント制退職金」とは、在職中にポジションや職務に応じたポイントを貯め、退職時には、在職中に貯めたポイントに応じて退職金を支払うという制度です。では、何が「ハイブリッド」なのでしょうか? 「ハイブリッド」とは、ポイントの付与基準をいろいろな要素でハイブリッド(混用)させるというものです。もちろん、この本を読めば、ハイブリッドではない、通常のポイント制退職金制度も作成できるようになります。
(「かけこみ寺」の税金・経理・労務ワンテーマブックガイド−労務編 第6回 人事労務管理を見直そう より)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

年俸制のメリットやデメリットも含めて、全体像を丁寧に解説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 最近、よく「年俸制を導入したい」という意見を耳にします。米国では年俸制が当たり前。だから日本も…。ついてはわが社にも…。と「流行?」のようなものさえ感じます。しかしながら、どんな制度にもメリットとデメリットがあります。年俸制にも、もちろんデメリットがあります。このメリットとデメリットを把握したうえで、年俸制の導入を検討しなければなりません。

 この本は、年俸制のメリットやデメリットも含めて、全体像を丁寧に解説しています。そして年俸制の仕組みについてだけではなく、導入事例や実務上の問題点、労働基準法とのからみについても、きめ細かく説明されています。この本を読めば、年俸制について必要充分な知識が得られると思います。
(「かけこみ寺」の税金・経理・労務ワンテーマブックガイド−労務編 第6回 人事労務管理を見直そう より)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

「雑誌」風に書かれていて、とても読みやすい本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 人事制度はその時代の影響を受けやすいといえます。例えば、年齢層ピラミッドが三角形の形をしていたころは、年功的な制度が支持されていました。しかし、現在では、団塊の世代やバブル入社組の影響でピラミッド型が崩れています。このような時代には、フラットな組織づくりが求められることもあります。世の中が「1.今どんな状況なのか」「2.これからどうなっていくのか」という点を押さえることが、会社の人事制度を考え直す際に必要となります。
 
 この本は、「雑誌」風に書かれていて、とても読みやすい本になっています。構成としては、まず目をひくタイトルが最初にあり、次に、分かりやすい説明がなされています。「気がつけば別会社の社員」とか、「賃金制度にバックギアがついた」というようなタイトルに、思わず引き込まれてしまうでしょう。説明は、専門用語の羅列を避け、図をたくさん使ったものになっています。テーマ別の実務書を読む前に、まずこのような本を一読してください。
(「かけこみ寺」の税金・経理・労務ワンテーマブックガイド−労務編 第6回 人事労務管理を見直そう より)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示