サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 菊池 誠一さんのレビュー一覧

菊池 誠一さんのレビュー一覧

投稿者:菊池 誠一

2 件中 1 件~ 2 件を表示

現代日本の株式会社

2001/03/30 15:16

わが国株式会社が直面する問題,特にコーポレート・ガバナンス論と金融機関の問題点を若手研究者が分析

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 本書は,編著者の後藤泰二西南学院大名誉教授を中心とする,企業経営の研究者10人,具体的には西南学院大で学び,九州の諸大学で教鞭をとる若手研究者たちの論文を集めたものである。書名が示す通り,多分に大学のコースで使用する教科書を意識して執筆したもののようである。内容は,導入部分の第1章「経営者支配」に続いて,2章と3章でコーポレート・ガバナンス問題を扱い,そこから持株会社の問題(第4章),ベンチャー企業(第5章),バブルと株式会社・株式市場(第6章)と展開する。ビッグバンの進展とからめた銀行,保険,証券の3分野に関する分析を経て,最終の3つの章で会計理論,会計制度,監査制度を扱っている。
 内容は盛りだくさんであるが,書名が示す方向性や前書きの狙いなどから考えて,銀行,保険(2分割されている),証券の3分野にわたる部分には,やや違和感がある。むしろ現在,わが国の企業が直面している株主の権利と取締役の問題(たとえば執行役員や株主代表訴訟の問題),配当,自己株式の買い取りや消去,ストック・オプションなど,もっと株式会社そのものの基本的,制度的な問題を盛り込んだほうがよかったと考えられる。金融機関が抱える諸問題は大きく深刻な問題であることは確かだが,株式会社論の一部として織り込むにはやや無理があると思われる。
 各章の内容は概観的な記述が多く,テーマごとのざっとした理解や問題把握には有益だろう。10人の研究者が執筆した論文の集合という限界,取り上げる問題ごとの制度解説や概観が欠かせないという教科書的な配慮があったにせよ,読者の知的関心を強く沸き立たせるという点から見ると物足りなさが残る。
(C) ブックレビュー社 2000-2001

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

わが国の企業会計の一連の改革ポイントを解説。会計基準のあり方,設定方法などに鋭い指摘

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 本書は,国際経済や金融論の専門家である中北東洋大学教授と公認会計士が共同で執筆した書物である。内容は2つに分かれ,中北教授が総論部分の第1部「国際会計基準が日本を変えるか」を,後半の各論に相当する第2部「国際会計基準の適用と調和」を公認会計士の佐藤氏が分担執筆している。本書の特徴は中北教授が担当された第1部であろう。
 ここでは国際会計基準の歩み,わが国の会計基準のあり方,さらには企業経営への影響など幅広いテーマが概観されている。随所に鋭い問題点の指摘,特に,大蔵省の「官主導型の会計基準設定方式」への批判などが出てくる。一般に会計学者や公認会計士などが書いた同様の書物では,奥歯にモノがはさまったような間接的表現でしか主張点を述べない「腰のすわっていない」書物が目につくが,この第1部は一読に値する。筆者が,企業会計を外側からみる,いわば利害関係のない中立的なポジションからアプローチしていることの有利さだろう。
 一方,第2部の方は,従来からある類書と内容的にはあまり変わらない。一連の企業会計の改革点を列挙し,金融商品の時価会計,年金会計,連結決算,キャッシュフロー計算書,税効果会計などについて,それぞれ重要なポイントを解説している。内容はやや高水準なので,中級程度の読者向けといえる。
 書店に行くと,ここ数年,次々に実施された一連の会計改革を概説する書物であふれている。重要なポイントを並べて解説するとなると,たいして変わりばえしない内容となるのは仕方がないのかもしれない。だが,一連の会計改革について,導入段階が過ぎようとしている現在,個別問題を深く掘り下げた議論の展開,あるいは独自の視点からの考察が書物として求められているのではないか。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示