サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. aibaさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

aibaさんのレビュー一覧

投稿者:aiba

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本犬夜叉 26

2002/08/30 15:22

「本当は、抱き合いたいんだろうな」に涙!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本巻は、
待望(?)の、犬夜叉・かごめ・桔梗、三角関係の絡みが、
冒頭から始まります!

好きな彼氏が、未だに過去の女を引きずっている…そんな状況、彼女だったら普通、許せませんよね!

彼氏………犬夜叉
過去の女…桔梗
現・彼女…かごめ

つまり、上記のような登場人物・相関図なのですが、犬夜叉と桔梗には、これはもう切っても切れない深い絆がある。生半可じゃない過去の絆。かごめは、それはもう断ちきれないと割り切って、それでも犬夜叉の側にいたくて、“一緒にいる”事を選びましたが…
…やっぱ、腹立つよね!

「本当は、抱き合いたいんだろうな…」
犬夜叉と桔梗の語らう姿を見て、そんな独白をするかごめが、切なすぎるんです! そしてその後、移動の際はいつも犬夜叉の背中に乗る(おんぶ)のに、乗らないかごめ。で、やっぱり怒り爆発…(笑)。そのやきもちも、可愛すぎ&恐すぎ(^^;)。
作者・高橋留美子氏ならではの、描写の可愛らしさです。このいじらしさは、実際に見ないとわからない!

ところで。
話は変わって本巻では、『聖域』という場所が出て来ます。妖怪をまったく寄せ付けない場所なわけですが…
…その場所に入って、気分の悪くなる人間・弥勒って一体…。

また、『聖域』の“からくり”を、
りんちゃんの一言で見破る殺生丸の推理力は凄い! まるで江戸川コナン並の推理力!(笑)。

と。いうことで。
様々な人間模様に思惑に、多重に重なる『犬夜叉26巻』。
今回も、見逃せませんヨ!



P.Sお薦めの本があったら、ぜひaibaに教えてください!
こちらからどうぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示