サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 坂井 尚さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

坂井 尚さんのレビュー一覧

投稿者:坂井 尚

4 件中 1 件~ 4 件を表示

合併とe-コマースなど経営環境が激変するなかで,生き残るための戦略と構図を考察

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 デフレ経済が進行するなか,注目を集めているのが「卸売業」だ。流通コスト削減のため,一部には「中抜き」「問屋無用論」さえあり,その企業数は激減している。筆者は減少の直接要因を「メーカーと大手小売業の直取引によるものでなく,合併や資本出資による子会社化した経営規模化の進行によるもの」と分析している。
 いずれにせよ旧態依然とした卸売業経営では,もはや生き残っていけないことは確かである。
 本書は「今後の卸売業は最先端テクノロジーを駆使し,ギリギリのコスト削減と質の高いサービスの提供の実現に全社一丸となって取り組むところだけが生き残る」として,変化に対応する経営の再創造と経営計画のプロセスを考察,戦略的開発の機軸となる成長戦略の構図と方策を豊富に示している。
 本書の冒頭で,ある経営者の至言として「市場から淘汰,消滅していく卸売業の共通点は,謙虚に学ぶことを忘れた企業だ」を紹介しているが,経営管理層や関係者にとって,まさに本書から学ぶところが多いに違いない。
(C) ブックレビュー社 2000-2001

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

オンライン・ショップを開きたい人へ。開業から集客・集金までのノウハウと導入マニュアル

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 「ネットビジネス」に乗り出す人が増えている。20代から主婦,高齢者など個人に加え,中小大企業まで目下幅広く“参入中”である。ただ,本書にあるように「オンラインショップは負け組95%,勝ち組が残りわずか5%」という厳しい世界。確かに今までの商売のやり方ではなかなか通用しない。
 本書には「どんなやり方をすれば成功するのか」などのノウハウが開陳されている。たとえば,この市場で成功する人はオリジナリティーが出せて,マーケットのニーズにきめ細かく対応でき,顧客に気配りできる,こんな資質の持ち主。逆に,成功しない人は常識や言われていることしかやらず,繁盛している店の真似ばかりし,独りよがりで自己主張するタイプだという。
 本書を手にした人は,まずこのチェックリストで自分の「適格性」を占って見るとよい。ほかに「どんなものが売れるのか」「集客」「集金と決済」など実益情報がたっぷり。参入を志す人に格好の「導入マニュアル」といえる。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

中小企業経営者の救世主ともいわれ,信者の多い船井幸雄氏の経営コンサルティング40年の総括編

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 伸びない個人消費に加えて,大企業にリストラ旋風が吹き荒れる昨今,中小企業にその合理化のしわ寄せが厳しく押し寄せている。こうした経営環境の中,いま注目されているのが「船井流経営法」だ。
 本書は船井幸雄氏が経営コンサルタントとして,また,船井総合研究所の経営者(現会長)として長年の経験から創り上げた独特の経営法が,どのようにして出来上がったか,などを時系列的に分かりやすく総括し,解説しているものである。
 「経営にはコツがある」から始まって,「成功するための5原則」「いま一番知ってほしいこと」まで
“こうしたら経営はよくなるというコツ”を,実績を踏まえた大阪人特有のサービス精神に満ちた表現で解説している。とくに「競争しないで儲ける方法」の項では,他社の追随を許さない独特の「主力商品」を見つけ出し伸ばしていくことが重要だ,という。これで競争相手が正面きって競争に出てこれないから必然的に「競争」にはならないわけだ。
 また,著者が本書でもっとも経営者に言いたいこととしているのは「本物化に取り組んでほしい」ことだという。「本物化」とは地球を犠牲にしないで,よい方向のモノ=商品を生産することを心掛けようということで,デュポン社の3GT(バイオ繊維)や,エコロジー・カーなどを例に挙げている。
 このほかの項目でも,数多くのスローガンを掲げながらその実例を示して説明しており,全ページを通じ分かりやすい組み立てとなっている。
 こうしたことから本書の読者対象は,中小企業経営者だけでなく,今後中小企業の集合体とならざるを得ない大企業幹部や一般ビジネスパーソン個人までをカバー,それぞれが「上手な経営法」「上手な生き方」にプラスする貴重な情報源とすることができる。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

初心者向けインターネット用語解説集。仕組みから設定方法を含め実用知識と素朴な疑問点をやさしく説明

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ズバリ内容を表しているのが「書名」だ。普通には「インターネット用語集」とか「・・用語解説集」なのだが,これでまず「なるほど」と納得,ページを開かせられる。
 パソコンを始めて日の浅い人や,ある程度やっている人がインターネットをより一層活用するには,用語の意味をよく理解することが必須条件といえる。本書は単なる用語解説にとどまらず,概念・機能・操作などの面まで文字通りわかりやすく解説しているのが特徴である。
 わかりづらい部分を図で示したり,コラムでアドバイスや注意点の解説をしたり,理解しやすい構成となっている。掲載用語数なんと486。関連用語のほとんどが網羅されているといってよい。ただ,中には解説文の用語をさらに索引欄で引いてその解説をを読まねばならない部分もあるが,完全理解のための必要な努力と考えたい。
 また,初心者には接続方法や設定の手順まで紹介されているので,操作途中に迷ったとき安心である。パソコンの横に置いておきたい一冊だ。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示