サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 小熊英二さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

小熊英二さんのレビュー一覧

投稿者:小熊英二

1 件中 1 件~ 1 件を表示

私たちは「戦後」を知らない(著者のことば)

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 あなたは、ご両親の若い時の写真を見たことがありますか。意外にも力強そうな青年や、美しい少女が写っていたりして、驚いたことがありませんか。「戦後」という時代を調べていて、私が感じたのも、それと似たようなショックでした。「戦後」とか「戦後民主主義」なんて、陳腐で退屈、時代遅れでわかりきったこと。そうした当初のイメージは、まったく裏切られました。

 まず驚かされたのが、戦後知識人たちの「愛国心」の強烈さ。敗戦で廃墟になった国を建てなおすという意欲に燃え、戦争の傷を抱えながらも、懸命に「明日の日本はどうあるべきか」を考える姿勢は、「愛国心」とよぶにふさわしいものでした。この時代には、「民主主義」と「愛国心」は、矛盾したものではなかったのです。

 思想的な多様性も、大きいものでした。共産党が「反米愛国」を唱え、社会党は憲法改正を主張し、保守派の首相は憲法第九条をほめたたえる。左派の知識人たちは「世界市民」を批判して「民族」を賞賛し、学生たちは昭和天皇に公開質問状を提出する。焼跡と闇市の時代だった当時は、思想のほうも「何でもあり」の状態。現在の「常識」とはおよそ異なる、試行錯誤の数々が行なわれていたのです。

 それでは、そうした状態から、現在の私たちが知っている「戦後民主主義」のありようが、どうして出現したのか。これを調べるのが、この本のテーマになりました。

 そのため結果として、戦後の重要な事件や思想家は、ほとんど網羅することになりました。丸山眞男・大塚久雄・吉本隆明・江藤淳・鶴見俊輔といった代表的な思想家たちの思想はもとより、憲法や講和、安保闘争、全共闘運動、ベトナム反戦運動などをめぐる議論もとりあげられています。

 結果として本書は、「戦後とは何だったのか」そして「戦争の記憶とは何だったのか」を問いなおすものになりました。「私たちはどこから来たのか」、そして「私たちはいまどこにいるのか」を確かめるために、読んでいただきたいと思います。

小熊英二

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示