サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. キマタフユさんのレビュー一覧

キマタフユさんのレビュー一覧

投稿者:キマタフユ

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本20世紀最後の戯曲集

2001/02/09 16:41

20世紀の遺産!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 演劇を観るときは、テーマよりは、どう観せるかという手法が気になる。けれど、戯曲だけとなると、裸になったようなもの。テーマがストレートに伝わってきそうだ。

 この戯曲集には、98年の「Rihgt Eye」、99年の「パンドラの鐘」、00年「カノン」の三つの戯曲が収録されている。帯には”はっきりした頭のうちに、この三つについてだけは書いておきたかった”と記されているが、テーマはみな重め。「Right〜」は右目を失った事実とカンボジア戦争、「パンドラ〜」は第二次世界大戦、「カノン」は安保闘争の記憶が物語に隠されている。「Right〜」は野田秀樹氏にしては珍しく極私的世界を描いた作品で[ノンフィクション演劇]と銘打っていたものだが、「パンドラ」「カノン」は、巧みに違う世界にすり替えフィクションとして見せている。野田氏は「桜の森の満開の下」や「TABOO」でも[日本]を描いているから、「パンドラ」「カノン」も目新しいテーマではないのだろうが、次第に、実人生に接近してきている気も。「Right〜」で、残された瞳で観るものについてを語ったのちのこの2本、偶然なのか、それとも?という気もしないでない。

 「パンドラ」は、ある戦争を境にした、ふたつの時代が交錯する物語。舞台では紙や、四角い枠を使ってふたつの世界を切り替えていた。舞台の真ん中に重く居座る鐘が印象的だった。「カノン」は、ジャンヌ・ダルクの絵のような、男達を闘いに翻弄していく女の物語。プロスペル・メリメ「カルメン」と芥川龍之介「偸盗」を下敷きに描いたものだとか。
3作とも観ている人は、場面場面をよみがえらせながら読めるが、観てない人はどう読むのだろう。台詞と若干のト書きを頼りに空想を膨らませる。それは、役者になったような大変な作業だと思う。そんな読み方もオモシロイかもしれない。野田氏の言葉は字だけでもすごく心に響くので、テンポのいい会話や、蕩々と語られる長台詞を読むだけでもいい。「Right〜」は、野田には珍しい日常の会話のおもしろさと、生身の人間的な台詞が胸をつく。「パンドラ〜」は、王国の崩壊を国民の軽妙な会話で紡いでいく。「カノン」では、カノンのように罪は繰り返されていく……という比喩が圧巻で、非情に美しい台詞が多い。

 あとがきも良い。軽妙さに、野田秀樹は風のような人なんだなとか思う。ちょっとありふれた表現かもしれないけれど、戯曲として裸身をさらすんじゃなくて、あっという間に、時に激しく打ち付け、時にくるくると翻弄し、そして時にふわっと包むように。目に見えるような見えないような、でも確実に何かを感じさせて通り過ぎていくヒト。そのヒトがちょっと見せた本体を読んでみると、また新たな発見が大いにある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

演劇は日常に使える!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 誰もが役者! 一歩外へ出たら、みんな演技してる。悪い意味じゃなくて、メークも服も、人とのコミュニケーションにも演技的側面があるはずなのだ。私事であるが、去年、とあるカルチャースクールで演劇を使って日常をお得に過ごす講座を企画した。演劇をやってる演出家さんを講師に呼んで、ファッションショーや自己アピールだとかをやって、自分のいいところを発見し伸ばそうというもの。名付けて[自プロ講座 イケてる自分発見法]。いい芝居のできる人は、日常でも生きやすいにちがいない。自分のいいところをアピールするのがうまいだろうから。実際、知り合いの役者さんと飲みにいったりすると、場を盛り上げるのもうまいし、案外、周りに気を配るし、結果、おいしいとこ取りもやっぱり巧いのだ(悪い意味ではない!)。

 鴻上尚史氏のこの本もまさにそういった発想を元に書かれている。「演劇は人間に対しての興味」と語るように、人間を掘り下げていくためには、どういう人間が魅力的かを監察、理解しないといけない作業なんだ。で、鴻上氏は、感情、声、体、言葉、の4つの項目に分けて、好感度の高い自分を育成する方法を教えてくれている。上手な話し方の本などは、よく出版されているけれど、この本には目からうろこな発見がいっぱい。個人的にこれは使える! と思ったのは、話すときの間と、自分の声を視覚化するということ、あとは、三つの輪の言葉。詳しいことは実際に読んでみてほしい。好感度アップの技術と精神が絶妙に融合、ゲームみたいに試せそうな例題が示されてあり、チョット試してみようという気になる。

 従来のノウハウ本とは印象が違う。芝居の稽古などで使用する方法が提示されていて、そうか、芝居ってこんな稽古をしてるのか、という別な楽しみ方もできる。

(キマタフユ/ライター)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

狂言に生きるピュアな男の姿

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 読んだら、和泉元彌の印象が変わった。というか、とても親しみを持てるようになった一冊。

 狂言の和泉流20世宗家であり、大河ドラマ「北条時宗」に主演している和泉元彌、初の書き下ろしエッセーであるこの本は、今と子供時代、そして狂言についての3部構成でなっている。元より親しみが持てなかったわけではないが、歌舞伎もそうだが、伝統芸能を担う人って何か近寄りがたい印象だったのだ。けれど、この本で和泉氏はとても率直で素朴な物言いをしていて、気持ちよかった。
 
 世襲制の狂言宗家に生まれ、3歳から舞台に立った和泉氏。なにより、狂言に対する真っ直ぐな愛情が伝わってくる。父親や家族への尊敬の念も、今時珍しいくらい強くて、新鮮。恋についての意見もなんだか微笑ましい。歌舞伎以上に、未知の分野、狂言だが、父親がやってきたシェイクスピアの狂言化のエピソードなどで、親しみを覚える。自分のことを伝えるというより、自分を通して狂言を知ってもらいたいという気持ちが強く感じられる。ホントに狂言を愛してるんだな、と、そんな和泉元彌に好感度がグーンとアップ。

 一方で、大学にも通ったり、狂言とは違う世界、たとえばシェイクスピアの舞台や、テレビドラマなどにも果敢にチャレンジしているという熱っぽさもいい。照れたり、悩んだり、感動したり、常に自分を律していたり、ピュアな部分が滲み出ている。さらに好感度アップ。
写真も満載。ノーブルな顔だち、キレのいい動き、豊かな表情などが楽しめる。

「北条時宗」毎週観なくちゃ。あ、狂言を観にいくべきですネ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示