サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 小山 信幸さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

小山 信幸さんのレビュー一覧

投稿者:小山 信幸

4 件中 1 件~ 4 件を表示

大江戸えころじー事情

2001/03/01 22:15

「3000万人の先祖が運営したほぼ完全な循環型社会」だった江戸時代の日本に,自然環境との共生の道を探る

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 「大江戸えねるぎー事情」にはじまる,江戸期の考察を通じて現代の環境問題対策のヒントを探る,“大江戸シリーズ”の最新刊。
 太陽エネルギーの利用に焦点をあて「太陽エネルギーだけで生きるための知識と経験の集積」,「現実に3000万人の先祖が運営していたほぼ完全な循環型社会」であった江戸時代の社会と暮らしを,豊富な図版と文章で紹介する。稲を例にとれば,労働集約的に人手をかけて生産した米を食料とし,ワラを用いて加工品を作って使用,使い尽くした後の排泄物と廃棄物は肥料にして再生産に回す。
 人力と植物を介し「ここ1〜2年の太陽エネルギー」だけを用いて,自然環境に負荷をかけずに繁栄できた社会が江戸時代だったとする。著者が繰り返し指摘するように,いまさら江戸時代の暮らしには戻れないのは確か。しかし本書が紹介する,当時の人々の豊かな暮らしぶりは,現代の右肩上がり,効率優先の常識に,根本的な疑問を痛烈に投げかける。
(C) ブックレビュー社 2000-2001

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

新聞広告のクリエーティブや展開手法を切り口に,掲載時の経済・社会環境と併せて出稿企業の戦略を読み取る

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 企業としてのメッセージが注目され,企業広告の重要性が増す現在,新聞というメディアの特性が再認識されている。
 たとえば最大,見開き全15段という巨大な平面を使えること,写真やイラストなどの静止画とタイポグラフィーを併用でき,雑誌数ページ分に匹敵する膨大なテキスト量を1ページで提示できるキャパシティー。そして日刊ペースという即時性だ。さらに近年のカラー印刷の活用や,写真画質など印刷品質の向上なども,新しい表現ツールに数えられる。これらを生かして「情」と「理」の両面から読者にアプローチできることが,新聞ならではの強みだといえよう。
 この『新聞広告で企業戦略を読む』は,『新聞広告でビジネスを読む』『新聞広告で現代を読む』に続く新聞広告シリーズの3作目。日本経済新聞紙上に掲載されたさまざまな広告のクリエーティブや展開手法を,出稿時の経済・関連業界の動向と併せて吟味し,そこから企業のマーケティング戦略と経営戦略を読み取ろうというもの。
 本文は,「『金融』と『e-ビジネス』〜時代を変える2つの潮流」「企業メッセージの新戦略〜生き残る企業をめざして」「新しいコミュニケーションの可能性〜提案型アプローチ」「新聞のメディア特性を生かす〜ニュースとの相乗効果を狙う」の4つの章に分けられ,合計約260あまりの実例を挙げて,図版とともに具体的かつ実際的な分析を加えている。
 クリエーティブ面からアプローチする論評や分析は多いが,本書のようにマクロな視点からの分析,論評はあまり例を見ない。新聞にとどまらず,メディアを問わず広告キャンペーンに携わる宣伝広告担当者および企業広報担当者にお薦めの一冊といえよう。
 敢えて注文を加えるならば,事例数を絞り込み,個々の事例についてより突っ込んだ取材を加えたケーススタディーも読んでみたいところだろうか。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最近のキャンペーンから,各種SPツールの作例を紹介。ファッション,化粧品など60社以上の作例を集積

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 Vol.1と同様,最近のセールス・プロモーション(SP)に関する制作物を集め,カラー写真で紹介した作例集。
 Vol.2は,「ファッション」「スポーツ&アウトドア」「化粧品」「飲料&食品」「異業種合同企画」「都営バス車体利用広告」をカバー。広告主は60社を超える。各種ポスターやテレビCM,ホームページ,商品パッケージ,商品陳列台などを掲載。Vol.2は特にポスターや雑誌用記事体広告などの2次元メディアが目立つが,ファッションやスポーツ関連などの商品特性によるものだろうか。iモードのカラー液晶画面をメディアとして用いたナイキの例など,新しいメディアの活用例も紹介されているのが目を引く。
 プロデューサー側にとっては,取り上げた作例のキャンペーン計画やスタッフ名などの関連データがないのが物足りないかもしれないが,プランナーやクリエーターならば,作例の山の中から,モノ自体が語る声を引き出せるかもしれない。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

50社以上の最近のキャンペーンから,各種セールス・プロモーション・ツールの作例をカラー写真で紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 最近のセールス・プロモーション(SP)に関する制作物をカラー写真で紹介する作例集。Vol.1は,「電化製品関連」「自動車関連」,通信事業者,運輸,旅行代理店などを含む「サービス関連&その他」及び「異業種合同企画」など50社を超える広告主をカバー。
 掲載されたSPツールは多岐にわたる。駅張り,車内吊り,店頭などの各種ポスター。ステッカー,携帯電話ストラップなどのノベルティー。商品陳列台,チラシ・スタンド,モビール,タテ看板などの什器,POP。テレビCM,ホームページの企業や商品の紹介ページ。さらには実演説明の開催時間を示す表示板など,イベント関連のSPツールまで…。制作物の材質や制作スタッフなどのデータも欲しいところだが,膨大なSPツールの集積を眺めるだけでも刺激になるかも。
 SPに携わるクリエーター,プランナーに有効なヒントを提供してくれるだろう。他にカバー分野の異なるVol.2も発行されている。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示