サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 竹下祐治さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年1月)

竹下祐治さんのレビュー一覧

投稿者:竹下祐治

1 件中 1 件~ 1 件を表示

出版社営業担当(男性)のコメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本を作るに際して私たちはとにかく、「女性に気軽に手にとってもらえるものにしよう」と心がけて作りました。
日本語のタイトルや装丁の雰囲気などからその辺が伝われば幸いです。

さて、この本の原書のタイトルは“The First Time”、まさに“初めての時”です。
何事でも初めての事をする時、人は戸惑います。ある人は事前にそれがうまく行くように経験者から話を聞いてみたり、書物から情報を得たりするでしょう。しかし、これが“性”に関することだと状況はまったく違うものになるようです。

この本の中では150人の女性がその体験を語っています。すばらしい初体験を迎えられた人、不幸にも強姦というかたちで迎えた人、周りのプレッシャーがキッカケになった人、など様々です。

最初に申し上げた通り、私たちは多くの女性に読んで頂きたく、この本を創りました。
初体験がまだの方、性について興味のある方、また年頃の娘さんをお持ちのお母さんにもお読み頂きたい。
しかしあえて私は男性に広くこの本を読んで頂きたいと思う。なぜならこの物語のパートナーはほとんどが男性であり、男性の自分本意の行動や言動が時に悲劇を生むからです。

処女という価値、処女じゃないという価値。男性中心に生み出された価値観はすでに過去のものになろうとしているのかもしれません。でもやはり女性がはじめての時を迎える時の男性の役割の重要性は変わらないのではないでしょうか。
(総合法令出版 竹下祐治)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示