サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. きりさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

きりさんのレビュー一覧

投稿者:きり

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本博士の愛した数式

2004/06/07 00:28

繊細で美しいラブストーリー。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

80分の記憶しかもたない「博士」と家政婦とその息子の「ルート」。
博士が示す数式はどれも美しく、綺麗で真っ直ぐだった。
曖昧で判りにくい表現かも知れないが、数学の美しさを感じたことのない自分でさえ、そう感じた。

印象的だったのは、博士の朝の儀式だ。
いつも通りシャツを着、ネクタイを締め、上着を羽織り、そして上着に貼られたメモを見て自分の病気を思い出す。
そのときの博士は、きっと自分には想像もつかない程の苦しみを感じているのだろうと思った。

最後まで、未亡人との関係は判らないし、家政婦との関係もなにが変わったという訳ではない。
でも、そこには確かに愛があったのだと私は思う。
しかし、それを書いてしまえば、たちまちに壊れてしまうような、繊細で美しい小説だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

もの凄いスケールの作品です。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

長編読みきり2作が収録されています。
ストーリーの内容が濃く、とても感動してしまった作品です。
読みきりなので一巻を読んでいない人でも大丈夫です。
どちらかというと、読んでいないほうが余計な先入観がないので、かえって良いかもしれません。

1つめは、誘拐され雪山の一軒家に閉じ込められた社長の息子の話。
何度も脱走を試みるが、結局は失敗してしまいます。
主人公の思考と犯人の不可解な行動に、読者も翻弄されていく感じがします。

2つめの話は、死神に会ったという画家とその娘の話。
家から忽然と消えた遺品を娘が探しているときに絵を持っているという男が現れます。
少女が語る切ない物語に惹き込まれます。そしてラストには、身の毛がよだつような恐怖と、そして感動が待っています。

漫画でよくこんなスケールの作品が書けたな、と思うほど読み応えのある作品。オススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ジェットコースターコメディ☆

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

羽柴ヒロミは日本最高学府T大入学を目指して、
地味でガリ勉だった高校時代を乗り越え、大学デビューを果たすが、
雑誌を意識しすぎた派手なファッションと超個性的な性格のために、周りから浮きまくるヒロミ。
そんな時ヒロミの前に現れたのが、同郷のヒデキとその友人のゴロー。
3人はひょんなことから同居する事になり……?
個性的な3人が織り成すジェットコースター・コメディです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示