サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. thomas_aさんのレビュー一覧

thomas_aさんのレビュー一覧

投稿者:thomas_a

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本考える道具

2003/05/29 16:04

タレスの水、ソクラテスの尋問、オッカムの剃刀、デカルトの悪霊からデリダと脱構築まで25の哲学者の考える道具を紹介している

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

とても面白い本です。哲学や論理学、西洋史に関心のある人はもちろん、最近流行りのロジカル・シンキングや心理学、それいけココロジー派のカウンセラーの方にまでとても役に立つ内容となっています。ただし教養本には関心はないという人は遠慮した方がいいかもしれません。哲学者や思想家ネタを扱っているだけに、それなりのわずかな覚悟、意気込みは求められます。著者はロンドンのキングスカレッジで哲学を専攻したライターであり、本書の位置付けは哲学の入門書です。おそらく、この書物を書くに当たっては、ラッセルの困窮生活を救ったベストセラー『西洋哲学史』を大いに参考にしたのでしょう。
この本の魅力には、インターネットサイトのポリロゴスを主催している中山元氏の翻訳も貢献しています。文章がとても読みやすいのはもちろんのこと、豊富な注と豊富な参考文献の紹介がこの本の価値を高めてくれています。氏のサイト、http://nakayama.org/polylogos/を参考にされるのもよいでしょう。

私は個人的には、この本をビジネスマンの論理的思考力のトレーニングと知的武装、およびキャリアを考える上で役に立ててほしいと考えています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示