サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 江川あおいさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

江川あおいさんのレビュー一覧

投稿者:江川あおい

53 件中 1 件~ 15 件を表示

好転の種はここにあった

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

昨年から人生が好転しはじめた私。好転の種を探して、たどり着いたのがこの本だった。キリスト、老子、釈迦、仏陀悟りを開いた人の言っていることは真実。ただ、平凡な私たちにはそれを理解できなかっただけ。
他人には教えたくなくなる一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

希望を呼び起こすバイブル

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

眠っていて、自分の望み通りになるなんて、とても信じ難い話だ。
しかし、「信じる者は救われる」という言葉が証明してくれている。昔から語り継がれていることは真実である。早速今日から実践したい。年齢には関係ないそうだから…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本宝島 下

2005/07/07 11:44

憑かれた?

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

伝説の海賊、クルドが残した宝を探す話のつづき。イシュトバーン一行はやはり同じ宝を探す残忍な海賊に捕まり、役にたちそうにない友を残したまま船を燃やされてしまう。しかし、クルドの宝にくわしいという老人を訪ねたとき、運命はイシュトの手の中にゆだねられる。イシュトってやっぱり選ばれし者?それとも憑かれやすいのか?(笑) 冒険映画のワンシーンのようなイメージで読ませてもらった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本火の山

2005/06/29 14:29

表紙のオッサンの正体は?

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ゴーラ軍との戦いを、イシュトと1対1対決で「チャッチャ」と苦もなく片付けてしまったグインは、スカールと共に山へ逃れる。が、新たな追っ手が…またしても、グラチーのおっさん(爆)。おっさん、やりすぎってば。ほどほどにしておかないと、愛弟子みたいに切られちゃうよー。というわけで、北の豹と南の鷹が会いまみえたわけだが、何も動く気配はなく、102巻も終わるのだった。やっぱりグラチーのおっさんのお膳立てしすぎが災いになっている、と思うけどなー。ところで、表紙のオッサン、誰よ?(笑)ライダゴン??

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本豹頭王の試練

2005/05/08 05:42

前人未踏の領域

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

100巻達成! これでついに栗本先生も前人未踏の世界に足を踏み入れることになるのですね。感慨無量です。それはさておき、100巻で終わるはずのグインサーガですが、100巻にきてもまだ半分、という気がしてならないのは私だけでしょうか?(笑)今回はルードの森でイシュトバーンに囚われの身となったグインが再び脱出をする、という話なのですが、話の終わりに「なんでこの人がここに?」という人が現れ、また新たなサーガが生まれる予感がしました。それと、巻き毛のマリウスことディーンが、鍵を握っているようなニオイがしましたが、皆さんはどうだったでしょうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本蜃気楼の旅人

2005/01/09 08:57

あと2冊でエンディング可能?

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

星舟から落ちた(?)グインはノスフェラスで療養を続けていたが、心の中に芽生える帰省本能(??)に突き動かされ、ノスフェラスを去る覚悟を決める。ウーラとザザという旧友のことすら思い出せないグインに新たな試練が…ノスフェラスの対岸に見えたものは…こんな波乱があって、本当にあと2冊で終わるのか?? ファンとしては心配でもあるが、こうなったら100冊越えて、誰にも越えられない金字塔を建ててほしいとも思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本北の豹、南の鷹

2005/06/26 11:15

豹と鷹の「会」

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

記念すべき100巻が出た後、何度検索しても101巻がヒットせず、なぜか102巻はヒットして出てくる、という奇怪現象に見舞われ、100巻と101巻を同時購入してしまった。(^_^;)100巻で鷹が出てきたとき、なんでこんなところへ?と思ったけれど、101巻を読めば、謎が解ける。が、それよりも私はマリウスが歌ってグインと「リンク」してしまうところや、それをヴァレリウスが目撃して、ナリス様との繋がりを感じるところに感涙した。マリウスの歌…聴いてみたい、と思うのは私だけ?(引)にしても、グラチーのおっさん、またしてもでしゃばりすぎ!はやる気持ちはわからないでもないが、お膳立てしすぎは返って食欲を失うこともあるよ、と言ってやりたい。(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ルードの恩讐

2005/03/08 11:15

残りは1巻だけど…

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

グインサーガシリーズも、100巻で終わる、ということなので、残り1巻となってしまいました。終わるのでしょうか?(笑) 栗本先生自身も100巻は単なる序章になるかも?と謎めいたお言葉をもらしていらっしゃいましたが…。それはさておき、99巻はグインとイシュトの過去もひっくるめた攻防になるのですが、なにせグインは記憶を失っているので、旗色が悪い。イシュトも癇癪病が悪化していて、とても後味の悪い結末に…。イシュトちゃん、あんた、ビョーキやで! 天に唾吐くと、いつかは自分に戻ってくる、というよい例にはなっているけれども、それでたくさんの人が嬲り殺しに合うのはちょっと悲運というにはあまりにもむごいような気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本宝島 上

2005/03/14 07:43

うら若きイシュトの冒険

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「ゴーラの僭王」という異名を持つイシュトバーンの若き日の冒険。ん? こんなところにあんな人が? まぁ、それはともかく、今回はクルドという残虐極まりない海賊が残した、という伝説の宝を探して船旅に出る。船に乗ったのは、イシュトが選んだ若者ばかり。それが後々致命傷になるのだが…。どういう展開で海賊の魔の手から逃れるのか、下巻が楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本蜃気楼の少女

2005/03/09 01:48

グインが王たる理由

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

やっとのことでシルヴィア姫を助け出したグイン一行(なんと、人間は2人だけ…グインを入れたら3人ですが)は一路ケイロニアを目指すのですが、どういう経路でケイロニア(ダジャレあり)に戻るか?悩みつつも、一番安心な「ノスフェラス越え」を選びます。が…やはり、グイン行くところ災疫あり、というわけで(言いすぎ?)題名にもなった、蜃気楼の少女に見込まれてしまいます。そこでの闘いは、強戦士グインの苦手とする、精神分野での闘い。ですが、経過を見ていると、グインが王たる理由がわかるような気がしてきました。栗本先生のことだから、これもまた、何かの伏線になるのでしょうねぇ?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ホータン最後の戦い

2005/02/16 17:26

ついに愛しのシルヴィアを我手に

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

じれったかったホータンでの闘いもいよいよファイナルステージ。グイン、よくぞここまでがんぱったねー。(感涙)栗本先生の手にかかっては、「意外な展開」や「予期せぬ伏線」などが日常茶飯事(笑)としてあり、気が抜けない。姫、もうわがまま言わずにグインに全てを預けなさい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夢魔の四つの扉

2005/01/16 13:23

グインは鍵男なのか?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

やっとのことで鬼面の塔にたどり着いたグインだが、この鬼面の塔が「最後の砦」のようで、なかなかやっかいなシロモノ。なんていったって塔自体が生きているのだから…。さすがのグインもクリアできないかと思えたとき、助っ人が現れるなんて、心憎い。やはりこのグインワールドの鍵を握るのはグイン自身であるのか? 自覚はないようだが…。そこがいいところでもあるし(爆)「こんな敵、チャチャっとやっつけて頂戴」と思うのは私だけであろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本鬼面の塔

2004/12/10 05:21

まどろっこしいったらありゃしない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

愛しのシルヴィアがキタイにいるとわかった日から、グインは狂おしいまでにシルヴィア奪回に奔走する。グラチーのおっさん、やりすぎ! 鳥もちが絡んでいるみたいにゆるゆるとグインを手元に引き寄せる。やっとのことで、「さかさまの塔」の罠から抜け出したと思ったら、鬼面の塔にたどり着くまでの罠はまさに「罠のスーパー特売」のようで、陰ながら、「早くシルヴィア奪回しろよ」って言いたくなってしまう。しかし、グインを故郷に導く宝玉にめぐり合えたのは、不幸中の幸いとするべきかも?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本魔王の国の戦士

2004/12/08 05:53

呼吸困難になりそう

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

グインはシルヴィアとマリウスの消息を頼って、ついにキタイにたどりついた。いつ、グラチーのおっさんが出てくるのか? さかさまの塔で何が起こるのか? 息もつかずに読み進んでしまったので、危うく呼吸困難になるところだった(笑)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本フェラーラの魔女

2004/10/25 10:12

怖いもの見たさ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

皇女シルヴィアを探すグインはキタイにその手がかりを得る。そして、キタイに向かう途中で妖魔と人間が共存しているフェラーラに立ち寄ることになる。そこにはグインの失われた過去を探す手ががりが…。しかし、待ちかねたグラチーのおっさん(失礼?)が現れ…。ネタバレになるので、これ以上は書けません。(笑)妖魔の描写があまりにもリアルで、食事前に読むと、ダイエットできるかも?(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

53 件中 1 件~ 15 件を表示