サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 二児のママさんのレビュー一覧

二児のママさんのレビュー一覧

投稿者:二児のママ

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本おやすみなさいトムさん

2003/06/23 11:54

これは児童書?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

久しぶりに泣ける本でした…。

児童書というには重いテーマ。すぐれた児童文学に贈られるガーデアン賞を受賞している作品です。

第二次大戦中のイギリス、ロンドンから田舎へと疎開した9歳の男の子(ウィリー)の物語。ウィリーが預けられた家の主が、トムさん。ウィリーもトムさんも“心の傷(ウィリーは心以外にも 泣)”を持っている。そして、二人が出会うことでその傷が少しずつ癒されていく…まあ、簡単に言うとそういうお話なんですが…もう後半はティッシュ片手に涙ふきふき、鼻かみかみ状態になるくらいグッときちゃうお話なんです!

411Pの児童書としては多少厚めの本なんですが、ウィリーのことが気になって一気に読みきってしまいました。感情移入して「これ以上ウィリーに辛い思いをさせないで!」と何度思ったことか(泣)

感動の物語です、悲しいお話はちょっとという方にはお勧めできませんが…そうでないかたは是非読んでみて下さい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本木馬のぼうけん旅行

2003/06/24 14:36

頑張れ、ちいさな木馬くん!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ちいさな木馬が、自分を創ってくれたご主人のために旅に出るというお話です。「ぼくはおとなしい小馬です」木馬はいつも自分のことをそういうのですが、その行動は大胆不敵。いつも、自分を犠牲にして人のために働きます。出会う人は、けっして良い人ばかりではないし何度も辛い目にもあう…それでも木馬はある一つの目的のために頑張ります。ときには、もう駄目だと思いながらも…。

「頑張れ、ちいさな木馬くん!」読んでいると思わずそう声を掛けたくなってしまいます。

「おとなしい=弱い」じゃない、ということをこの本で教えられたような気がします。息子に読んでやろう…そう思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示