サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ROKUさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

ROKUさんのレビュー一覧

投稿者:ROKU

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本20世紀は人間を幸福にしたか

2003/12/05 19:13

やはり失ったものは多い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 最近『リトル・トリー』という、アメリカン・ネイティブの少年を主人公にした物語を読んだ。その中に、少年の祖母が「人間には二つの心がある」と話すくだりがある。ひとつは「体の心(ボディ・マインド)」で、もうひとつは「霊の心(スピリット・マインド)」と呼ばれる。「体の心」だけを育てていると「霊の心」が枯れてしまい、人間は欲望に支配されてどんどん卑しくなっていくのだという。

 この「霊の心」とは、まさに、この本『20世紀は人間を幸福にしたか』の最初の対談で、河合隼雄さんが言われる「たましい」と同じだと思う。古き伝統の中で培われていた、素朴だけれども自然や文化に根ざした哲学を、20世紀はいとも簡単に否定してしまった。たとえば、「便利さ」と引き換えに失ったもの。それは、ケータイ依存症の若者達を見てみればすぐにわかる。
 
 河合隼雄さんは巻頭と巻末の二回出てくるのだが、後のほうの対談では子どもの危機について述べる。その中の、「ビニールハウス栽培(される子どもたち)」という言葉に非常にショックを受けた。しかし、PTAの役員などをやっていると、垣間見る学校教育の実態に、「そうかもしれない」と密かに頷く私がいる。そのようになってしまった原因を、河合さんはやはり「20世紀が失ったもの」として捉えている。

 河合さんのことばかり書いてしまったが、登場するその他の知識人の方々(星野一正、中村雄二郎、高坂正尭、樺山紘一、伊東光晴、加賀乙彦、村上陽一郎)の言葉も、それぞれの章がコンパクトにまとめられているにもかかわらず、どれも刺激的だし心にしみる。きっと柳田邦男さんの話の引き出し方がうまいのだろうが、やはり事前にすごく勉強されているのだと思う。

 読後、「実存」についてちょっと考えたくなる。

 お勧めである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示