サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 山崎 尚さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

山崎 尚さんのレビュー一覧

投稿者:山崎 尚

1 件中 1 件~ 1 件を表示

素晴らしきサムライ達!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 5月中旬の日曜日、フランスから帰国する友人を出迎えに成田へ行った時、到着便から降り立つ人々の中に、たまたま日産のゴーン社長の姿があった。
 外人としては小柄ながら、大きく鋭い目と、全身から発散する不思議なオーラが周囲の人達を圧倒して、強力な存在感を漂わせていた。

 数日後、何気なく立ち寄った書店で、『日産の光と影 座間工場よ永遠なれ』というタイトルの本が、店頭にあるのを見た。たまたま直前にゴーン氏と会っていたこともあって、パラパラと拾い読みをしているうちに、私はいつの間にか、著者の軽妙な筆致に魅せられてしまう羽目になった。

 冒頭に、著者が配属前の工場実習中に起きた先輩との会話がある。
「工場の技術員に頭は要るんですか」
「馬鹿やろ、現場に行く時には、帽子を被らなければいけないんだぞ。頭がなくて、どうするんだ」
 著者はこの返事がいたく気に入って生産技術の道を選んだとあるが、私もまたこの軽妙な出だしがいたく気に入って、すぐにレジへ直行したのである。

 前半の『サムライ達に乾杯』は、著者の周囲で起きたエピソード集だが、これはまさに江戸落語の味である。前半でさりげなく伏線を敷いておき、結末で一気に落ちを付けて読者を思わずにやりとさせるその手腕は、心憎いまでの手際だ。そのなかにはフランス小噺的なエスプリもあれば、ほのぼのとしたユーモアもあり、そのセンスには感服の他はない。
 著者の上司や同僚は、いずれもサムライの中のサムライで、一癖も二癖もある強者そろいである。然るに文中の彼らは何と人間くさく、稚気に溢れた人達として描かれていることか。彼らの一人一人に溢れるような愛情を注ぐ著者の筆致に、限りなく温かい人間味を感じるのは、決して私1人ではあるまい。

 巻尾の『附記・私が見た日産の闇』では、一転して著者は日産の来し方、行く末をクールな目で捉えている。戦後大勢のサムライ達が悪戦苦闘の末に勝ち取った日産の黄金時代を、歴代の経営者達の無策が無惨にも崩壊させてしまったことに対して、著者の哀しみと憤りが全編ににじみ出ている。
 著者の人生も日産の凋落のために振り回され、激動の数年間を送ったことになるが、それでもなお、著者の日産への思いは、今も沸々とたぎっているようだ。

 一気呵成に詠み終えた後、私は心地よい疲れの中で、一度しかない人生に全力を傾け、三十三年を誠実に走り抜けた著者の生き様に、強い感動と爽快感を覚えた。はなはだ陳腐な表現で恐縮だが、著者の人生に一貫しているものは「愛」の一語である。会社への愛、上司・同僚への愛、両親や妻への愛が、4百ページ近い作品の中に、脈々と息づいている。

 この本の舞台は日産だが、そこで語られているのは普遍の人間の物語である。日産とは全くの部外者の私にも、これだけ充実した読後感を与えてくれことに、深く感謝したい。この書評を読んで下さった方にも、是非ご一読をお奨めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示