サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ニコさんのレビュー一覧

ニコさんのレビュー一覧

投稿者:ニコ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本オペラ・ハンドブック

2003/10/24 21:59

旅先オペラ鑑賞に最適

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

シーズン中、オペラ座のある街へ旅するならばスーツケースに一冊持って行くとどこでも大抵楽しくクラシックのオペラが楽しめます(モダンオペラの演目に当たると載っていないのであきらめる)。 

日本でオペラを観るのなら、下調べをする時間も十分ありますが、旅先、滞在先で時間を見つけてオペラのチケットを手に入れる時などは、演目が当日当夜まで分からない時があります。また、音楽としては知っているオペラでも、なじみの無い外国語の字幕を見ながら内容を理解(推測の時も)せざるを得ない事態にこの本が役立ちます。

1オペラを見開き2ページ完結で登場人物、粗筋から見所までのポイントを書いてあるので、ここだけ熟読すればかなりその日のオペラの筋を追えます。初心者用に分かりやすく実用的に簡潔に書いてあるので筋は頭に入りやすいし、ソフトカバーなのでカバンに入れ易く実際に劇場に持って行かれます。また、文字が大きいので薄暗いオペラハウスの幕間にも前後のシーンをおさらい出来ます。これが助かります。

旅先の劇場に一冊持って行くと、今夜は音楽だけを楽しもうと割り切っていたとしても、舞台であまりに感情移入している歌い手達をみながら「なぜ今そんなに盛り上がっているのだろう?」と物語に取り残されてしまった感じから救われます。

CDのオススメ欄があるので気に入ったオペラのCDを買いに行くときも役立ちます。有名な人達のCDが沢山でている物などは比較検討できるので、自分の好みにあったCDが探しやすくなります。家でオペラCDを聞いていて「この歌はどの場面だったかな?」という時はCDで今何幕目かが分かればすぐに答えが探せます。

粗筋の他にも基本的なオペラの歴史やものすごく有名な歌手、世界の舞台などについても書いてあります。

この本に出会う前には筋の良く分からないオペラを「音楽と舞台芸術を楽しむもの」と割り切っていましたが、この本を手に入れてから粗筋を幕ごとに読めるので非常に理解度があがりもっとオペラが楽しめるようになりました。初心者ならこれで十分だと思います。

99年の冬にこの本を購入して以来、これを携えて20本以上のオペラを観に行きました(とは言っても3000円ぐらの安い席か売れ残りダフ屋席ばかりですが)。今では何とか「想像」を交えて英語とフランス語の字幕が分かるようになりましたが、確認のため今でもこの本を携えてオペラ座へ行きます。
今では好きなオペラに関しては全セリフまで知りたいと思いますが、とりあえずはこれを「家庭の医学」的に要領が良くハンドブックとして重宝しています。

今までは星5つだと思っていたけれど最近もっとオペラを詳しく知りたくなって来たので今は星4つ。昨日もこの本を持ってオペラ・バスティーユにヴェルディの「イル・トロバトーレ」を観に行きました。入り組んだ内容だったので、付け焼刃フランス語での字幕読解は困難を極めたけれど、例のごとくこの本に助けられ十分楽しめました。やっぱり5つ星かもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示