サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 早秋さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

早秋さんのレビュー一覧

投稿者:早秋

5 件中 1 件~ 5 件を表示

信じるものはなんですか?

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

人それぞれに信じるものがあります。
あなたのそれはなんですか?
法律?倫理?上司?愛?平和?それとも自分?

この本で印象的なのは、何と言っても第5話「水の花」でしょう。
主人公であるカドルトの国は、「鎖の教え」の下にあります。
対して巫女の住まう水の国は、「大河の神」の下にあります。
主人公の体現する「鎖の教え」は、とてもロジカルなものです。
神様を祀るのではなく、法や倫理を説くために「鎖」という存在を使う。
(それこそ「憎しみの連鎖」の場合の鎖です)
だから神という概念はとても薄いのです。

水の国から逃げてきた巫女は、自国の神様に祈ります。
折に触れ、迷いもなく。感謝を捧げます。
そこには神への絶対的な信頼があり、充足があります。
カドルトは揺れ動きます。絶対的な神を希求する己を知って。
それは自分について考える者なら、誰もが一度は感じるであろうもの。
道を指し示してくれる、圧倒的な存在。
その存在に全てを委ねて楽になりたいという願望。

それまでたいっへんな石頭だったカドルトは、巫女や友人との交流の中で矛盾を受け入れます。
それは彼にとって大きな変革。
きっと彼を戒める鎖は、少しだけ緩くなったのでしょう。
でもそれは、水の国の巫女が悲しげに「分かり合えぬ」と言ってからのお話。

カドルトと巫女はいつの日か、母なる大河のほとりで出会うのでしょう。
でもそれまで、鎖の教えを体現するものとして、人々の孤独を癒し苦しみを和らげ、生きていくのでしょう。
自分自身はもちろん信じられず、かといって神を信じ切ることもできず、「鎖の教え」を信じていると自分に言い聞かせながら。

これはまるで、今の日本自身のようなお話なのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

クラシックだってお堅いものじゃない。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

現在も連載中です。
クラシックというと、学校でのつまらない授業とか変な髪型の作曲家とかを思い出して敬遠したくなりますが、まずは騙されたと思って読んでみてください!
面白いです。半端じゃなく。
一巻だけ…と思って買ったその日のうちに、既刊全巻を揃えました。

主人公のだめ(野田恵)の変人ッぷりは勿論、王子様的存在の千秋だって充分変な人だし、周りもみんな変な人ばかり。
そんな個性的な人たちが集まって、一つの曲を奏でるのですから面白くないはずがない。
歌詞もないクラシックの曲がどれだけダイナミックか、どれだけ情景に富んでいるかが伝わってきて、千秋の振る曲を聴きたくなるのです。
クラシック音楽を真正面から描く!といった本では残念ながらありません。
それでもクラシックの魅力が充分伝わってくるところに、「のだめ」の価値はあるのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

カジノシーンが秀逸

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

勢いがあって全3巻を読みとおしてしまう。凄い。
私はSFという冠がついたものを余り読まないのだが(ごめんなさい、偏見ですね)これは違和感なく読めた。
作者の筆力やしっかりとした世界観、人物の魅力のお蔭かと思う。

なんといっても圧巻はカジノシーン!
描写が秀逸。
このシーンを読みたいがために、何度も最初から読み返した。
読むか否か迷っている人で、カジノに興味があるなら読むべし。
このカジノシーンだけでも読む価値がある。

SFに対するとっつきにくさが緩和されたかも知れない。
なににせよ、こんな作品があることに感謝。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本希望の国のエクソダス

2004/07/19 15:46

学生にこそ読んで欲しい。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

昨年の就職活動中に幾度となく読んだ。貪るように。
もっと早く読めば、人生変わったかもしれないと思った。
物語の閉塞感は私の閉塞感に似ていた。

日本は凝り固まっているのではないかと思う。
私は去年、「学歴は関係がない」という学歴社会のなかで打ちのめされていた。
結局そうなのだ。「コミュニケートできない」。
その言葉に幾度も頷いた。
私にとってこの小説の価値は、その一言に気づかせてくれたところにある。
なんで重役の人とは話が通じないのだろうと悩んだが、使う言語からして違う。
その言語は一般には降りてきていない、暗喩を含んでいる。
こちらを分かろうともしない。そんなものは、こちらから捨ててやる。
開き直ることは出来た。

結果、私は違う道に進んだ。
ポンちゃんたちに、希望はできただろうか。
未来は描けるようになっただろうか。
私には出来た。
でも、日本は理解が出来ない痛い目にあわないとどうしようもならないと思う一方で、切り捨てることがいいことなのか、少し悩んでいる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本分岐点

2004/07/19 15:21

私は、戦争を知らない。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

私は戦争を肌で経験したわけではないから、戦争がどんなものか知らない。
餓えも知らないし、銃で撃ち殺される人間を見たこともない。

戦争の話だなんていうと、重いと敬遠したくもなるだろう。
だけど、読んで欲しい。
特に私のように戦争を知らない若い世代。成瀬少年と同じ位の年齢の人に。
古処さんの読ませる筆力は、秀逸だから。

この本には、対極にいるであろうたくさんの人が出てくる。
卑怯な大人も清々しい大人も、真直ぐな少年も出てくる。
でも、卑怯な少年はいない。
それが私には救いだった。
真直ぐな少年の真直ぐな姿勢は痛々しいけれど、それは私が「今」から見ているからだろう。
彼を否定することは誰にも出来ないけれど、否定してしまいたいとも思う。
いや、否定したいのは戦争だ。
戦争による統制だ。

「分からない」が一番近いかもしれない。
私と彼を隔てる点は、時勢だけなのだろうか。
成瀬少年は、どうやって生きていったのだろうか。
後悔などせず、清々しく生きていたのだろうか。
私には、分からない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示