サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. うさコさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

うさコさんのレビュー一覧

投稿者:うさコ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

2003/06/19 02:53

いろいろな涙がありました。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

せつなすぎました。あんなに悲しい結末が待っていたなんて。ですが、それもそれぞれが選んだ道だったんだと。いや、選ぶも何ももしかしたら他に選択肢なんて無かったのかも知れません。登場人物の女性達の弱さと強さの境界線・好きな男性への異常なまでの執着心。文章にするととても生々しさが浮き彫りになりますが、これは時代を問わず誰もが持っているものだと思いました。一人の女性が死に、それによって一人の男性が理由もわからないまま姿を消す。そして関係者の運命の歯車も動き出す。読み進めていくと事件が見えてくるだけでなく、人物達の感情の変化も巧みに現されていきました。人間の見えたくない感情の部分を、どきりとする位ストレートに描き私はとても共感していました。クライマックスの台風の場面。ここは読むペースが倍速でした。迫力に比例し、自身の読んでいるスピードまでが上がったのです。この台風が物語だけではなく、読み手にも大きなポイントだったと思います。 事件の真相を読んだ時私は大きく深呼吸しました。あまりにせつな過ぎて胸が苦しかったからです。だけれど、読んだ後の後味が悪くならないのが素敵なところだと思います。それは、これがミステリーというだけではなく、様々な人間模様を描写した、純粋な恋愛小説だったからだと思います。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示