サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. どんぐりんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

どんぐりんさんのレビュー一覧

投稿者:どんぐりん

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本月の影影の海 上

2003/07/16 13:17

敬遠していた方たちに

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今まで何回か書店で横目で見つつ、ずっと気になりながらも、少女向け文庫だったので手を出さなかったのですが、とうとう買ってしまいました…もちろん私は少女ではありません(笑)。

きっかけはアニメになったということになるのでしょうか。が、私はアニメは予告をちらっと見ただけで、実際の放送は一回も見ていません。「読んでみて面白かったらアニメでも見ようかな」と思い、軽い気持で読み始めましたが、どうしても表紙のイラストのイメージが強く(あまりにもぴったり!)、そのイメージが壊れる(壊される)のが嫌で、結局未だにアニメは見ていません。たぶん今後も見ることはないでしょう。

小野不由美さんの作品を初めて読みましたが、この作り出された異世界に有無を言わさずグイグイ引きこまれます。少女向けという一括りにして敬遠していた大人の方に是非読んで欲しい作品です。男性の方はWhite heartを買うのにかなり抵抗があるかもしれませんが、講談社文庫よりこちらの装丁の方が絶対オススメです!!

私としては、下巻の結末部分をもう少し書き込んで欲しかったと思いますが、これから先の長丁場の導入部としては仕方がないところでしょうか。多少不満が残るところもありますが、それを補うだけの魅力が十二分にある作品です。ちなみに私は上下巻を一気に読んだ翌日に残りの巻をすべて買い、ある意味外伝にあたる新潮文庫の「魔性の子」まで一気に読破しました。

とにかくたくさんの人に読んで欲しいと思い、初めて書評を書かせて頂きました。
これを読んで、実際に読んで下さる方がたくさんいらっしゃるといいなぁと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示