サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. (K)nit-pickerさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

(K)nit-pickerさんのレビュー一覧

投稿者:(K)nit-picker

1 件中 1 件~ 1 件を表示

英語、名言、音読……人生

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

名言集を作る作業は、気の遠くなるような労力と時間を要する。作品のなかに現れる一言一句を、作品全体との関係の中で正しく理解した上で、一言ですべてを言い尽くすような珠玉の一文を選び出す。こうして選ばれた名文を前に、われわれは(少なくとも私は)、沈黙するか唸るかしかない。「なるほど」などと口にした瞬間に、名文の「うまみ」がどこかへ行ってしまう。そんな気がする。まして、大家の名文に対して異議を唱えたり、これを敷衍して自説を展開するなど思いもよらない。これは、おおかたの評判に引かれて、作者を偶像視しているからであろう。また、作品をすべて読んでいない後ろめたさもある。そして、何よりも、名言そのものの表面的な理解さえおぼつかない知識と自信のなさが、何かを言おうとする口をふさぐ。
しかし、本書の著者は、各名言を正確に、誰に頼ることなく、自らの目と耳を通して理解している。このことは、各名言につけられた日本語訳を見ればよく分かる。そしてその上で、自らの考えを述べる。それは、本書の「はじめに」に書かれているように、「スピーチを行う必要のある企業の管理職」や「洗練された英語をモノにした方」への手引きであり、「上を向いて一歩踏み出したい方」への応援歌にも聞こえる。しかし、それだけではない。より正確には、「偉人たちとの一対一の対話」を戦い抜いた戦士が物した戦記でもあり、また英語という便利な(しかし一般には操縦しにくい)乗り物に乗って古今東西を歩いた旅人の旅行記と言ったほうがあたっている。「めったに謝らない」欧米人への質問の仕方(p.23)、クリントン前大統領の弁明スピーチ(p.97)、目をつぶる事の危険性(p.143)など著者の豊富な知識と透徹した論理が際立っている。
Last AND the least;「成功には千人の父親がいる」を原典不明としている(p.85)が、イタリアのGaleazzo Ciano(1903-1944)を源とする説がある。いかがなものであろうか。(http://www.bartleby.com/66/97/12397.htmlを参照。)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示