サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. E・Fumiさんのレビュー一覧

E・Fumiさんのレビュー一覧

投稿者:E・Fumi

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本不自由な心

2004/03/05 09:12

愛(女)と死

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

著者の文章を絶賛する書評をあちこちでみかけるので読んでみました。
6つの短編から成っています。一番目の短編を読んだ時には、まるで『サラリーマン金太郎』を読んでいるような気がしました。
私的には、短編の順番が違った方が印象が良かったと思います。
一貫して愛と死がテーマの様でした。 
主人公はサラリーマンでそこそこの成功者達です。有能なのです。 
私はいつも、ここ一番という時所詮女は男にはかなわない、と思います。それなのに、彼のテーマは愛(女)・死なのです。 
死には愛が必要らしいのです。愛とは異性の愛です。 
有能な男達が、生の終わりに女達の愛を求めているのです。 
たかだか女の為に悩んだり苦しんだり。 社会では断然勝っている男が、心で女に振り回されている様な生き方に感じます。 
女主人公なら理解できるのだけど、そんなものかなあと思います。 
この本を通じて、というよりこの本の白石一文を通じて、男は本能的にエッチだという事を理解できます。女も勿論そうなのですが。 
白石一文の死は、待ち望んだ死、という印象を受けます。 
生きている事の辛さが伝わって来て、そこらへんは共感できました。 
他の本も読んでみようと思います。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示