サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. オクヤマメfグミさんのレビュー一覧

オクヤマメfグミさんのレビュー一覧

投稿者:オクヤマメfグミ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本人のセックスを笑うな

2006/08/12 21:48

たどたどしいけど、笑うなんてできない

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

第41回文藝賞発表の記事を目にした時も、そして実際に本を手に取った時も、駄洒落のような筆名とタイトルに
『中身も軽いんだろうな…。』なんて失礼ながら思ってしまった。
確かに印象的なタイトルであるけれど、それを裏付けるような中身があるのかと。
そう疑っていた私は一体何者なのだろう?恥ずかしい…。
ストーリーは、美術系の専門学校で講師と生徒として出会った二人の恋愛である。
その歳の差、なんと20歳!!そんなの成立するのか?
しかし作中に描かれる講師の彼女・ユリはちっとも老けていないし
年齢を感じさせない。
それは彼女に恋する彼の視点で描かれているからかもしれないが。
彼の純粋な恋心が熱い。行き先の分からない情熱が伝わってくる。
39歳という年の離れた女が、彼の中では「かわいい女の子」なのだ。それって何だか羨ましい…。
ただ愛しいという気持ちだけで突っ走れる強さ。
彼はとても真っ直ぐなひとだ。
ユリへの想いが綴られた箇所が胸に残る。
『好きになると、その形に心がくい込む』
そのままの相手を好きになってしまう。自分のほうがのめりこむのだ。
『寂しいから誰かに触りたいなんて、ばかだ』
欲望に流されがちな年齢なのに、冷静に触る理由を考えていたりする。
本書には真剣な恋心がびっしりと描かれていて、確かに文章は拙いかもしれないけど、そのまま彼の言葉のようで熱く伝わってくる。
特別なことなんて思いださないのに、恋心が痛い。
読み終えて初めて、タイトルが彼の台詞となって
『笑うな』
と私に言い放った気がした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示