サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. おいどんさんのレビュー一覧

おいどんさんのレビュー一覧

投稿者:おいどん

1 件中 1 件~ 1 件を表示

君は、秘伝を見てみたくないかい?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

上手い文を書くには何が必要だと思う? テクニックを磨くこと? よい題材を見つけること? 否、それらは単に、どんな入門書にでも載っている表面的なことに過ぎない。
そうではなくて、もっと、人間の奥深いところにあるものを呼び起こさねばならない。
この本は、文を書かんとする者の潜在的な意識を掘り起こしてくれる名著だ。
まず、装丁に驚かされる。分厚い……。色彩は地味なのに物凄い存在感。これが、こけおどしでないことは、頁を開けばすぐ分かる。
豊富な知識と経験から導き出される、的確で分かりやすい解説。といっても、方法論を、筆者一人が書き連ねていくスタイルではない。
メルマガで募集しているさまざまな質問を、まるで対話しているかのような口調で答えてくれるのだ。
一見なんでもなさそうな質疑応答。だが、よく読むと、そこに文章上達の秘伝が込められている。それぞれに重要なメッセージが含まれており、一行たりとて読み飛ばせる個所は無い。
そう言う意味では、いわゆる「やさしい」フレンドリーな本では無いことは確かだが、代わりに脳を刺激してくれる。
筋肉をつけるために筋力トレーニングをするように、この本を真剣に読むと、意識が鍛えられていく。脳からムダな贅肉を削ぎ落としてくれそうな感触を覚えるのだ。
分量も多く、平易な内容では無いのにどんどん読み進めてしまえる文構成。
真剣に考えさせられる題材。
そして何より、読み終わって、「書こう! 絶対、書く!」と決意させてくれるところが、他の入門書と一線を画したところであろう。
この、渾身の秘奥義を手に入れられた者は幸運であると言えるだろう。
これで千五百円は……最良の買い物だと思うが、異論のある人はいるだろうか。
文章を上達したい者には必須。自信を持ってお勧めする一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示