サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. nappoさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

nappoさんのレビュー一覧

投稿者:nappo

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本へんなの

2004/11/23 13:56

「へんなの」でも大丈夫!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

人から「へんなの」と言われたところで、大人の自分は屁でもないですが、子どもはきっとそうもいかないのでしょう。
そんなとき、絵本の世界に飛び込んで、「うまれたときは、おんなでもおとこでもないクマノミ」やいろいろな方法で子育てをする魚たちのことを知ったら、大人の言葉で説明してもせんないことが、じわっと伝わるかもしれない、と思いました。
もし、「へんなの」って言った子どもや大人たちにも読んでもらえたら、「へんなのなんてへんなの」って笑えるようになるかも。そうなったらいいな。
「へんなの」でも大丈夫! と背中を押された気がします。
中山千夏さんの絵本を初めて読んでみて、海に潜っていく描写に妙に迫力があるなと感じたのですが、略歴に、スクーバ・ダイビング歴10年以上、年に50回は海に潜る、とあって納得。海のなかで見えた魚たちが、「心のなかにねをはって、めをだしてね、はなをさかせたの」でしょうね。帯にある作者の顔写真もそうですが、素顔でわっはっはっとよく笑う親しい女の人たちの顔を、登場人物の「おばさん」に重ねて読みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示