サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. チャッチャラーさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

チャッチャラーさんのレビュー一覧

投稿者:チャッチャラー

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本忘れ雪

2004/11/27 17:53

あなたのピュアレベルはいくつ?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

純愛小説=泣ける
そう思って、この本を買った私ですが、読み終わった今の評価は、4.6でした。
この本を読み終わった後思ったのは、自分はもうピュアじゃないのかもしれないなぁと。
この本、私たまに泣きたくなる時があるので、そんな時の為に買っておいた本なのです。で、泣きたくなったので、読んだのですが、モロ泣いてしまいました。でも、何もかも忘れて泣いたわけじゃないんです。何か、心の奥に黒い物がある感じを抱きながら、泣きました。どうしても、作者の計算だよなぁ、とか、上手いストーリーを考えたな、とか、人脈の大切さを考えさせられてしまう部分もあったり、そして、そんな黒い考えを持った時、あぁもう僕もピュアじゃないなぁとか思ってしまいました。でも、そんなの関係なく、最後は涙が出てもきて。少しだけ、忘れかけていた何かを思い出させられたような気もします。
この本ですが、結構波が激しいです。凄くピュアな気持ちになれるところもあったり、どす黒い感情が噴出しそうな所もあったりと、そのピュアな部分だけを抜き取ったら、凄くよいお話になったような気もします。でも、現実がそうなように、清らかなだけのお話なんて、ありえないのかもしれません。でも、でも、現実にはありえないから、だから、そんなピュアストーリーを読みたくなるのかもしれませんが。
もう、何もかも忘れて泣く事なんて、ないのかなぁ、ふとそんな寂しい気持ちになった読後感でした。でも、それは僕がピュアでは無いだけで、本当にピュアな人が読めば、何もかも忘れて泣ける本なのかもしれません。
この本は、そんな本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示