サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. みんみんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

みんみんさんのレビュー一覧

投稿者:みんみん

5 件中 1 件~ 5 件を表示

わたしを救ってくれた1冊です。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

育児ノイローゼで、ダンナともうまくいかず、サイアクの心理状態のとき、この本と出会いました。本書には私と同じような状況にいる人の話が出てきて、どうすれば問題が解決するのかが、スゴク分かりやすく書いてありました。この本に書かれているとおりにすれば、本当に人生が思い通りになるような気にさせる内容だと思います。実際、私も本書に書かれていたこと実践して、自分の態度や相手に対する言い方などを、意識して変える様努力してみました。そうしたら、少しずつですがダンナとの関係も前より良くなってきたし、反抗的だった子供も言うことを聞くようになってきました。イヤなことがあったり、対人関係で悩んだりしたときは、この本を何度も読み返して、自分を変える様努力しているところです。
人間関係で悩んでいる人にぜひ読んでもらいたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ズボラ人間の料理術

2003/09/16 12:47

子供と食の関係について考え直した。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ふらっと本屋さんに行った時、この本のタイトルがあまりにもインパクトがあったので思わず手にとってしまった。図書館で本を借りる事の多い私だが、この本は買うべきだと思い即購入した。著者と同じで、私も「料理は大好きなんだけどめんどくさいのはイヤ」というタイプなので。本書に出てくる「ズボラ」なやり方で早速いろいろ作ってみました。こんなやり方でいいの?と半信半疑で作った物はどれもこれもおいしくって家族にも大好評でした。特に「縄文きな粉クッキー」は大人気であっという間になくなってしまいました。
本書は料理の本としてもすばらしいが、それだけでなく「食事と人間との関係で本当に大切なこと」が書かれていると感じました。わたしも著者と同じように、子供には手作りで栄養バランスの取れた物を食べさせようと思い必死になっていました。だけど子供は思ったように食べてはくれず、そのことが原因ですごくいらいらして子供との関係もおかしくなってしまいました。
我が家の今の状況と著者の子供さんが小さいときの状況があまりにも似ていて、あーわかるわかるとおもいました。著者はそのときのことがあって今のズボラスタイルに変わっていったそうです。「子どもがいるからズボラになれる」の項目には本当に感銘を受けました。もっと気楽にやればいいんだ、子どもに食べることは楽しいことなんだよと思ってもらえることのほうが大切なんだ。と気付かせてくれました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本お洋服のちから

2003/09/12 10:57

わたしのファッションバイブルです。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ファッションについて書かれてる本って、「ベーシックで体のラインを綺麗に見せる服」を良しとしていることが多いと思うのですが、この本は、その様なタイプの本とはまったく違います。そもそもこの本を読んでみようとしたきっかけはピンクハウスのことがいっぱい書いてあると言う情報を得たからでした。わたしの好きなファッションは最近のファッション雑誌に載っている様なものとはまったく違ってまして、ピンクハウス、マドモアゼルノンノン、カネコイサオなどのように、洗いざらしで着れて、ボトムはロングのフレアースカートかギャザースカートと言うような感じなのです。著者もロングスカートがお好きなようで、私とファッションの好みが似ているなと感じました。まるで仲のいい友達と大好きなお洋服について盛り上がっておしゃべりしているような錯覚に陥ってしまう感じで、夢中になって、あっと言う間に読んでしまいました。この本を読んで高橋直子さんが大好きになってしまいました。大好きなお洋服についての本、もっと書いてほしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本横森式シンプル・シック

2003/09/11 11:51

生きていくのが楽になった。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

シンプルライフ系の本は読み漁ってきたが、そのなかでもイチオシで役に立つことが満載の本です。この本を読んで、生活の中で要らないもの、ムダに使っている時間、人間関係など見直してみるきっかけになりました。この本のおかげで人付き合いの悩みがかなり解消して気持ちが楽になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

子育てに疲れているママにぜひ読んでほしい。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「女性であることに、オン・オフはない」と言う十和子さんのお言葉。子育てに追われすっぴん、ボサボサ頭でいた私の胸に突き刺さりました。小さいお子さんが、いらっしゃるのに、こんなに綺麗にしていてホント尊敬します。私もこのままじゃいけない、十和子さんを見習って自分を磨かなきゃと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示