サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 氷室駿河さんのレビュー一覧

氷室駿河さんのレビュー一覧

投稿者:氷室駿河

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本結婚ってどうよ!?

2003/11/06 23:39

肯定されない、快感。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 書評登録に掲載されている、本書の表紙を見て、少しドッキリ。
 なぜなら、私が読んだ本書には、帯がついていたから。
 それも、アリスがピンクドレスを着て、左手の先には花婿さんらしき手が…。
 それが、帯の下のアリスは、ジャージ姿でコンビニ袋を提げていたとは……。

 読了してから気づいた、アリス・ジャージでコンビニより帰る。の図。
 は、各曜日ごとのアリスのいろいろな姿が思い浮かび、傑作です。
  ラジカル・鈴木さんの描く、すべてのアリスが本書にスパイス炸裂です。

 そして、書評ですが。
 書評タイトルに、すべて集約してしまいました。

 まさに、『肯定されない、快感』でした。
 
 タトエバ、占いを見るとき、イイコトは信じる。ヤナコトは信じない。
 マタハ、悩み相談をしたとき、自分の考えに賛同してもらいたい。
 アルイハ、自分の見方の味方になってもらいたい。
 という、傾向が、女性には多いような気がします。

 相対的に、結局、解決に至らず、一時の慰め、一時の平安です。

 しかし、本書の中で、アリスは、いろんな認識のヌルサを、岡田さんとプチバト ルをしつつ、気づいていきます。

 読み終わって、ハタと気がついたコトがあったのですが。
 それは、岡田氏の巻末の裏話で、納得がいきました。
 本書は、「岡田斗司夫の恋愛本」ではなく、「渡辺由美子の小説」と書かれて
 います。 私も確かに、そういう印象を持ちました。

 本書は、恋愛同情道場ではなく、29才・独身・アリスの小説でした。
 でも、小説だからこそ、読者はアリスに自身を投影していくことが出来ます。
 そして、解答はないけれど。
 アリスという、女友達を得て、自分の生活を見直すきっかけをつかめると
 思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

もうひとつのモンスター

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 まだ、コミックは読んでいる途中ですが。
 最終回を読むのが、怖いです。
 ノンフィクションなのではないかと錯覚してしまったほど、
もうひとつのモンスターは、真に迫ったものです。
 
 読み進むのが、怖いほど。
 本当に、モンスターな作品です。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示