サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 直美さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

直美さんのレビュー一覧

投稿者:直美

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本バラガキ

2004/03/05 19:58

納得!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 今まで色々な新選組を扱った小説を読みました。でも、土方歳三が「鬼の副長」である反面、ナイーブで神経質で女にだらしがなかったり、沖田総司が「人斬り総司」と呼ばれるほど剣によって粛清を加えていた反面、子供好きで陽気な好青年であった、というところが、ど〜うもしっくり来なかったのです。
 歴史作家の方々もそこに苦しまれたのか、土方歳三から「女好き」という面を削除したり、沖田総司を内面では鬱々と悩む、実は暗い青年にしたり、という作品もありました。
 それが、中場さんにかかると、何の問題もなく、矛盾のない青年たちとして、いきいきと喧嘩し、しゃべり、恋をし、企み、活躍するのです。
 おかげで私の長年のひっかかりも解け、近藤・土方・沖田・そして芹沢鴨たちの「人物」を身近に感じることが出来ました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示