サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ハルサメさんのレビュー一覧

ハルサメさんのレビュー一覧

投稿者:ハルサメ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本オオカミの誘惑 1

2005/03/09 21:24

涙・涙・涙

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

とっても素敵な本でした。
韓国のインターネット小説で、本は文章が横書きで顔文字がふんだんに使用されていて、最初は読みにくいかな?と思いましたが、
でも読みにくいことはなく、かえって顔文字があることで感情がとても伝わってきました。

田舎から上京した女子高生ハンギョンに年下の男子高校生のテソンとヘウォン(二人ともケンカがとても強い)が好きになり三角関係になるのですが、テソンはハンギョンに対して重大な秘密があります。三角関係なのでハンギョンをめぐってケンカしたり嫉妬したりと色々あるのですが、ハンギョンがテソンの秘密を知りテソンが重大な決断をします。

読んでいくうちにヘウォンもそうですが、テソンがハンギョンに対する想いの気持ちがとても伝わってきて、最後は涙・涙・涙の連続でした。
『オオカミの誘惑2』では番外編(その後)が書かれてますが、その話でもテソンの想いで涙・涙・涙でした。

本の帯もとっても素敵で、韓国で映画化になったときに演じた役者さん三人の切なげな表情で、帯をみて本の内容を思い出しまた、涙・涙・涙でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示