サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ゆうこさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

ゆうこさんのレビュー一覧

投稿者:ゆうこ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本パレード

2003/09/16 04:48

パークライフはなんとなく

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

久しぶりに徹夜して一気に読んだ本です。
人はそれぞれ誰にも言えないものを抱えて生きている。
心の底の真っ黒な真っ黒な感情もたくさんあるけれども、そういうものを、上手く包み隠してなんとか上手くやっていく。
この小説の登場人物は闇を抱えつつ、でも、みんなさみしい。
さみしさを寄せ合っている。
私が一番はっとしたところは、サトルが、友達も一緒に暮らしていいかと聞いたとき、なに勘違いしているの。と言われたところ。
怖かった。
絶対深入りしてはいけない距離のとりかた。
空虚なものを抱えながら、それでも人はさみしいから。
ラストの衝撃もあったけれども、読んだあと、なんだか恐ろしい気持ちにさせられた。
パークライフはなんだかぴんとこなかったけれども、吉田修一の作品はやはり、冷静で淡々とした文章の中に暴力的でじわじわとした恐ろしさを感じさせるところが上手いと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示