サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 秋田さんのレビュー一覧

秋田さんのレビュー一覧

投稿者:秋田

人の存在理由

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

天は高く円く青く——その下で僕はひどく小さかった。

人は皆、自分の存在価値をつねに求めている。例えばこの物語の主人公たちのように。カルノは、過去の記憶を失くし、人々に「悪魔付き」と蔑まれ、唯一自分を認めてくれた大切な人を失ってから。勇吹は、自分の力が原因で家族を失くしてから。そしてこの巻の主役、レヴィは自分の無知、無力さを知り、母親に助けを求めたさいに拒絶されてから——。

子供とは、どんなに親に虐げられようと、どんなに相手が悪いと解っていようが、親を責めることが出来ないのだろうか。自分の罪だと親の責任をも背負ってしまう、それはなんて悲しいことなのか。自分をこの世に産み出してくれた人までもが自分を必要としないのなら、いったい誰が自分を必要としてくれるのだろう。
もう、自分の馬鹿話に笑ってくれる人はいない。
安心して、帰れる家がない。
俺の存在価値はどこにある?

それでもこの物語の中では誰もが必死に生きようともがいている。こんな広く美しい空の下、人などちっぽけなゴミにすぎないかもしれないが。
そんな前向きな姿勢に、私は心打たれた。人が誰しも生きていれば疑問に思うアイデンティティ。それに魔法、組織間の政治までもを織り交ぜたなるしまゆり独特の世界観に感服する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する