サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. makotokiさんのレビュー一覧

makotokiさんのレビュー一覧

投稿者:makotoki

源氏物語 第1巻 桐壺

2004/12/27 21:56

「うらやましい」一冊

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『源氏物語』研究者にとっては「うらやましさ」を感じる一冊です。
巻末の対談で江川氏本人がおっしゃっているように、
専門家は先行研究に気を配りながらいろいろ言わなくてはなりません。
それはそれで非常に有意義な研究ともなりますが、
読んだままの感覚、というのを忘れてしまう危険性もなくはないです。
その「読んだままの感覚」と「自分の感性」を大事にして描いたのが江川源氏であろうと思います。
研究者として読んでもさほど違和感がありませんでした。
江川氏に、真面目に古典と組み合っている姿勢を感じます。

ただ、やりすぎかなと感じる面もありました。
というのは、多くの意味を持つ言葉を、一つの形に規定してしまっている部分もありましたので。
江川氏自身がエロティシズムを強調しようとした結果なのではないかと解釈致しましたが。
『源氏物語』の内容を理解しようとして読む場合には、その点は注意して読むべきだろうと思います。

ともあれ、長く女性の物語として、また古典の最高峰として、固いイメージがつきまとってきた『源氏物語』に対する新しい試みとして、非常に興味深く読みました。
ストーリーとしてのおもしろさについては、原文の問題ですから云々することはしません。
おもしろいかどうかは、読者次第です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する