サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. くみさんのレビュー一覧

くみさんのレビュー一覧

投稿者:くみ

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本アイ・アム

2003/09/26 23:59

心の琴線が振るえる

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1度読んでしまえば結末が判っているので読み返す気になれず手放すことが多いのですが、この本は手放し難くてずっと持っています。
読む度に印象が変わるのは自分が変化していたり、その時の気分だったりするのでしょうが、ただ静かに、でも確かに響いてくるものがある物語です。「心の琴線が振るえる」という言葉を目にしたことがあって、どんなだか判らなかったのですが、私にとってこの本を読んだ時の感じがそれなんじゃないかと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本末枯れの花守り

2003/09/27 00:16

日本独特の美しさの表現

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

帯の「泉鏡花」に魅かれて読みました。
菅浩江さんの作品は他に「アイ・アム」を読んだのですが、それとは全く違う世界と語り口で一瞬引きましたが、まるでそこに見えるかのような情景描写の巧みさ、美しさにすぐに引き込まれました(願わくば私にもっと古典や日本の古い装束や習慣に関する知識があれば!)。全体的に物悲しい雰囲気が漂ってはいますが、決して暗鬱となることもなく読後も静かで、それでいて希望も見えるような気持ちになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本コンセント

2003/09/26 23:46

表紙から内容を想像

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

市川美和子の映画の広告を見て、タイトルを覚えていたので読んでみました。フロイト理論や夢判断を用いてある箇所やトランス状態、シャーマニズム、無意識下の捉え方なども面白く、その点は楽しめましたが、兎角性描写が多いので私には読みにくかったです。セックスに結びつけない方が良かった気がしますが、作者にとってのこの作品の大前提のようなので仕方ないですね。表紙から推し量るべきでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示