サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. バウさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

バウさんのレビュー一覧

投稿者:バウ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本セーラー服とエッフェル塔

2003/10/04 09:44

フランス人の排泄についての深ーい考察--トイレの建築論

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

腰巻きに「ちょっとHな仮説」とあるように、ここで扱われているのは、SMの縛り方であったり、セーラー服の起源であったり、情死と男色であったりと、実にいかがわしく多彩で軽やかである。考えられることを考え尽くす徹底ぶりが気持ちいい。いずれもどろくさく、魅力に満ちて、見かけは軽いが中身は深い。「フランス的」といわれるものの実際が、ここで初めて分かったような気になった。

中でも排泄に関する三つのエッセイは、ばらばらに書かれたものながら、こうしたスタイルだからこそ生き生きと書き表すことのできた、すばらしい内容だと思う。
 
その1「ビデ」 フランスのビデは単なる洗浄器でしかないが、それが米国へ渡って噴出する温水式となり、避妊器具となったらしい(これは多分、後に日本へ渡ってお尻洗い洗浄器となる)。

その2「他人のくそ」 他人の糞は臭いが、自分の糞はそうでもない。その匂いを単独のものとして受け取ることができたのは、水洗便所が普及して以来のことである。それまでは糞一般があり、臭い匂い一般があったにすぎないが、水洗式によって排泄が個に属するものとなった。なるほどと納得。
 
その3「消えた便所」 ルイ13世はベルサイユの宮殿で、穴あきの椅子に座り従者に付き添われて用を足していた。そしてこの時間、排泄しながら指示を出していた。人前で平気でうんこをするのが、王の王たるゆえんだそうだ。不思議な光景であるが、これを貴族が真似し始めたという。

やがて偉い者たちは皆、穴あき椅子に腰掛け排泄しながら指示を出すようになった。そしてついには、宮殿内に便所がなくなったという。したがって舞踏会の時など、庭だけでなく、バルコニーも暖炉の中も廊下も、すべてが排泄の場所となった。宮殿全体が巨大な便所と化していったそうだ。

実に壮大な話だ。排泄に関する知識が惜しげもなく盛り込まれている。こんな国だからこそ、ビデという洗浄器が考え出されたのかと、得した気分で納得した。かしこくなったような気が少しする。

(バウ
http://www.h3.dion.ne.jp/~bau)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示