サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 銭子さんのレビュー一覧

銭子さんのレビュー一覧

投稿者:銭子

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本どちらかが彼女を殺した

2003/10/24 19:08

巡りあったことのない作品。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

すごい。最後まで読んでも真犯人が結局分からない本でした。そんな私みたいな人のための、袋とじ解説を読んでも…? な、私は、結局インターネット上で真犯人を確認するしかなかったわけですが、はっきりした名前はどこにも明記してないわけで、腹の中がしっくり来ないのは事実です。解説プラス回答があれば、よかったのに…。と言った感じですが、こんな作品、出会ったことありませんでした。読者に犯人を当てさせる、しかも二人しか該当者はいないのに分からない。知人に読ませて、意見を聞きたくなってしまった。そのくらい、面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本海を抱く Bad kids

2003/10/24 00:10

自分の青春を思い出す

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

初めての、村上由佳作品。すごく長い話ではあったが、すんなり読めた。とても読みやすい作品です。
18歳の男女のどこにでもありそうで、でもなさそうな、主人公恵理になってみたいと何度も思う作品でした。
「死ぬってのがどういうことかは、死んでいく者からしか学べない。」
は、当たり前のようであって、でも、心の奥に来て、勉強させられました。
ただ、光秀と恵理と書いている主体がころころ変わるのが、読んでいて少し面倒。これがなかったら、もっと短い作品だったかもです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示