サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 幸せさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

幸せさんのレビュー一覧

投稿者:幸せ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

早教育と子どもの悲劇

2003/10/24 10:45

間違った早教育をしないでください

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ここ3,40年前から,街から消えていったものは二つある,と著者は言う。一つは「赤ちゃんの笑い声」。もう一つは子どもたちの無邪気な「自由遊び」である。誰が子どもたちから,その喜びと楽しみを奪い去ったのかと,その原因を追い求めていくと,井深大氏の『幼稚園では遅すぎる』にたどりつくとのこと。その本には「脳細胞の80%は3歳までに出来上がるから3歳までに教え込め」とか,「乳幼児は何でも吸収するから,教え込みすぎることなどない」と書かれていたから,それを信じ込んだ親たちが今も多くいる。
 それから30年たったが,文字,数などの早期教え込みで,独創的,創意的な面で大成した人は一人も出ていない。それどころか,無気力,無意欲になったり,情緒的障害になったりする者が多いのが現状だそうである。
 神戸小学生殺人事件の少年,バスジャック少年,大阪池田小学校の凶悪犯罪者宅間守など,大きな事件を起こしている者は例外なく,早教育の被害者だとことである。
 親が早教育などせずに,乳幼児をスキンシップで甘やかし,「自由遊び」で,子どものやりたいことを十分にやらせているうちに,集中力がついて,野球のイチローや将棋の羽生善治氏や,ノーベル賞の田中耕一氏などが育ったという。
 私自身は,子どものやりたいことは何でもやらせ,自由に遊ばせた。息子は「おやじから,勉強しろと言われたことは全くないし,怒られたこともない」と言っている。幼稚園と小学校の先生に,「理想的に育っている」と同じ言葉でほめられたのは,自由にやりたいことは何でもさせたからと思う。
 人からは,出来が良すぎるので,早教育したのではないかと言われるが,著者が言うような早教育をした覚えは全くない。確かに二人の子どもは早くから字を覚えたが,強制して覚えさせたのではなく,遊びのなかで,親ともども楽しみながら早くから自然に字を覚えたので,読むのが楽しくて小さい時から本をたくさん読んでいた。 
 どうか皆さん,子どもにはやりたいことを自由に何でもやらせてあげてください。そしてできるだけ子どもたちと一緒に楽しんで遊んでください。
絶対に間違った早教育をしないでください。間違った早教育でどんな悲劇が起こるかこの本でよく分かります。
                  (子どもが皆幸せであることを願う老人)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示