サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 石橋さんのレビュー一覧

石橋さんのレビュー一覧

投稿者:石橋

1 件中 1 件~ 1 件を表示

斬新な構成による、正統派の経済学書

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 経済学や経済論争に多少なりとも興味関心を有する者にとって、本書の構成は
意外の感を抱かせる。一般に経済関係の書籍といえば、教科書か啓蒙書、あるい
は時事問題の解題のいずれかに分類されるだろう(一般に、というのは言うまで
もなく、専門書を除くという意味である)。
 本書は前述のどれにも該当しないと言えるし、一方では前述の各書の要素を
何らかの形で含んでいるとも言える。また、通常の経済書のカテゴリーでは扱わ
ない論理や論理的思考の方法、さらにはデータの利用法などに多くのページが
割かれている。その点に着目すれば、「教養レベルの参考書」となる機能も
備えている。
 このように特徴を書き連ねると、未読の方々にあるいは支離滅裂な構成である
かの印象を与えるかもしれないが、一読すれば決してそうではないことがよく
分かるだろう。本書は先に挙げた既存のさまざまな書籍の特質を巧みに織り込み
つつ、ある種独特な調和をもって一冊を成している。そして、その構成によって
語られる経済理論は今日的かつ正当的な経済理論そのものである。時流に乗って
軽佻浮薄な筆致で世論を煽る無責任さも、古色蒼然たる遺物といった頑迷さも
ない。経済学を志す学生や若手ビジネスマンにお薦めしたい堅実さを保つ、良質
な著作である。
 ミクロ的基礎・情報の経済学・複数均衡・動学モデルの要素を平易な文章で
解説しつつ、日本経済の現状にまで言及した著書にはなかなか出会えないもので
ある。学問としての経済学に関心のある層に限らず、日本経済の今後の推移を
占う手がかりを欲するすべての人に向けて書かれた一冊と言えるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示