サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Reyukoさんのレビュー一覧

Reyukoさんのレビュー一覧

投稿者:Reyuko

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本深淵から

2003/11/17 15:29

ずっと探し続けて、とうとう巡り会えました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ずっと探していて、やっと巡り会えた本。
この本は今までありそうで、なかった本です。
精神科医として、そして、一人の人間として患者さんひとりひとりを
たいせつにし、正面から体当たりで接していく著者。
謎のベールに包まれてきた「精神病棟」で、
患者さんとの具体的なやりとりを明らかにし、
覆われていたベールを剥いで「真実」に光をあてていると思いました。

「彼らは狂っているのではない、苦しんでいるのだ」

著者の、この「問いかけ」はわたしの胸の中に、
「生きた言葉」として強く響いて語りかけてきます。
そして、人知れず“ベールに覆われた場所”で苦しみ続けている
患者さんたちのこころの叫びを、著者が代弁しているように感じました。
自分のことを「俺」と表現したり、お酒が好きだったり、読み進めて
いくうちに、著者のユニークで温かな人柄や、患者さんひとりひとりが
愛おしく感じられて、あっという間に一冊読み終えました。
第二巻「深淵へ」もセットで読みましたが、こちらも深く多くの
ことを考えさせてくれる内容でした。
「深淵シリーズ」の続編がいつか出版されるといいな〜。
この本を通して、著者や患者さんの人間らしい温かさを、
一人でも多くの人に触れてほしいなと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示