サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. seichanchanさんのレビュー一覧

seichanchanさんのレビュー一覧

投稿者:seichanchan

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本ヘーゲル・大人のなりかた

2004/10/13 11:38

これを読んだら大人になれる…かな?

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ヘーゲル哲学の入門書ということで、人に勧められて読んでみました。文章は読みやすく、内容もわかりやすい、と感じながら読み進めているうちに……。何かしっくりこないものを感じました。それは、ヘーゲル哲学の内容が難解で理解できないからなのか? いやいや、とても丁寧に易しく書き下しているので、そんなことではありません。
そしてようやくその違和感がどこから来るのかがわかりました。それは、内容を解説するために筆者が挙げている例です。身の回りのことや恋愛などを例に挙げて説明しているんですが、その例には妙に生活感というか実感が感じられないのです。読んでいて感じるのは、これらの例は筆者が実生活で体験したことではなく、想像して挙げた例だろうな、ということです。そして、筆者は豊かな「人生経験」とはかけ離れた、大学にこもって研究ばかりしている「学者さん」なんだろうな。そんな人が書いた「大人のなりかた」っていうタイトルの本に説得力なんて……、と、そんなことを考えて、すっかりしらけてしまいました。この本、ブックオフで引き取ってくれるかな? そんなことまで考えながら読み終えました。哲学書を読む態度じゃありませんね。ごめんなさい。でも、「わかりやすいヘーゲル哲学の入門書」としては、本書が失敗作なのは間違いありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示