サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ゆう3さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

ゆう3さんのレビュー一覧

投稿者:ゆう3

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本眩関ケ原 2 生死の関頭

2003/12/13 17:48

むむむむw

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

歴史群像新書(特に戦国物)は欠かさず購入しているが、とうとう死んだ人間を復活させてしまうという、暴挙(少なくとも私はそう思う)にでてしまったような気がします。
秀吉・信玄・そして信玄の配下武将たち、それぞれがそれぞれの立場で復活してしまうのは、今後この分野では何でもありになってしまうのではないだろうか?
と、初刊を拝見して思わず突っ込んでしまいました。
そして、今巻の最終には信長・信忠親子の復活まで実現して…。
以前信長、秀吉始め、山本五十六、等々の歴史上の人物が一同に会して繰り広げる戦記ものがありました(たしか、ハワイに進出したところでまだ完結にはなっていなかったと思いますが)。
そういう、まったく違った環境に持っていくならともかく、まさにこの世に未練たらたらの死者が復活するというストーリーには、正直納得いきません。
(でもついつい読んじゃうんですよねw)

IF…という読み物でない!と限定すれば、
確かに読み応えはあると思います。
私の好きな武将「石田三成」を武将(侍大将)として取り上げていただいているのはうれしかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示