サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 一読者さんのレビュー一覧

一読者さんのレビュー一覧

投稿者:一読者

6 件中 1 件~ 6 件を表示

自閉者さんが語る「自閉症」シリーズ第2弾

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

以前、この本と同じ出版社の花風社より出た「自閉っ子、こういう風にできてます!」を、自閉者さんが語る「自閉症」シリーズ第1弾とすれば、本書は第2弾です。 自閉症の専門家が語るよりも、ある意味当たり前ですが、自閉者さんが語る自閉症の話の方が「血が通っている」のです(より切実だからかも知れません)。 この本もその一冊です。 身近に「ヘンなやつ」とか「困った人」などに、長い事悩まされて来た人たちが読むと、もしかすると「ああ、こういう事だったのか」と腑に落ちるかもしれない本です。 今までは「自閉症の本」と言うと、読む側もかなり辛い感じで読まなくてはなりませんでしたが、この本は、ほとんど、そうした事は無いです。 だからと言って、決して不真面目なものではありません。 自閉症の子供って、こんな、くらしをしていたんだなーっていうのを知るのも、また、興味の尽きないものです。 みなさんで、この本を、かわいがって読んであげてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

とにかく広く、色々の人に読んで欲しい本。

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「自閉」と「普通」の、この世の認識の仕方の違いを、なるべく具体的に
自閉の当事者さんたちと、花風社の浅見淳子社長さんが、生き生きと対談ふうに語ってくれます。浅見社長さんの、ことばを借りれば「目からウロコの話」が詰まっている本でもあります。また、小暮さんによるマンガ風なイラストも好感がもてます。 広く、色々の立場の人たちが、読んで少しでも、この二つの世界の「違い」を知って欲しいとの願いから、出来た本です。 とても、温かみのある本なので、結構、深刻に成り勝ちな内容にもかかわらず、読み易いのも特徴です。 是非たくさんの人に読んでもらいたいです。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

家族の痕跡

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「至る所で、自分自身を見る」と言うのならば、「家族」を語るのは、一つのよい方法だと感じた本でした。 しかし、なんか、「居場所」のない人の、「居場所」探しのような気にもなりましたが、たとえ独り者であっても、子供の頃に育った場所としての家族は体験している訳だし、また、生まれてすぐに「孤児」に成ったとしても、「生みの親より、育ての親」で、なんらかの形の家族は持つ訳だから、すべての人たちに読んでもらいたい一冊です。 私は、一気に読んでしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

内容の「激しさ」を包んで、余りある穏やかな文章で書かれています。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

どうしても、ことが、事だけに内容は「激しい」ものになりがちですが、この著者の持つ文章力によって、それが実にマロヤカに表現されており、読む側としては、そのマロヤカさに導かれて、その「激しい」内容の話を、まるで苦い薬を「糖衣錠」で飲むかのように、読めてしまいます。 そして一番大切な所は、いかにして、著者である藤家寛子(ふじいえ ひろこ)さんが、御自身のアスペルガー症候群と、どう、おつき合いしているか、また、その時にどの様なチエを発揮されているか、はたまた、まわりの御家族とのコミニケーションに、どのような苦労と、そして、そこから、どのように楽しみを見付け、「愛」を見付け、感謝へと変わっていったかが、淡々と書かれています。 後に、藤家寛子さんの講演会に行った「印象」では、とても「おしとやか」そうで、語り口調も淡々とされていたのが、とても好印象でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

本は薄いが、中身は濃い。簡単に読める分、「印象」に残る。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本自体は、実に薄い小冊子のようですが、その分簡単に読めます。 それゆえ、読後に強く「印象」に残る、濃くて、あたたかい内容の本です。 そして「自閉症」関係の本で、これほどコンパクトに、まとまった本も珍しいかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

噓猫

2005/01/08 18:05

気に入った猫ほど、死なずに「消える。」のです。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 一度でも猫を飼った人なら、読むと同感することが多々ある本です。
猫は、人のムクな優しさと、寂しさに敏感で、それを嗅ぎ付けて寄って来てくれます(多少、バーター取り引きの感はありますが)。 また、猫は、人の「恐ろしさ」も敏感に察知します。
 そこが、この本に見事に描かれている気がします。
 著者が、始め、西も東も分からぬ土地で、寂しい思いをしていた時に、母猫と出会い、そのうちに、段々と、身の回りの人びとと、うまく付き合えるようになってくると、始めの頃の「人と猫との関係」が、たとえ、著者氏が、優しく付き合ったとしても、段々と薄れて行く様子がみてとれます。 それでも、最後まで、付き合った猫は死なずに「消える。」のです。 猫は、人のくらしの事情を、全身の毛の先っぼか、何かで読み取って生きている生物なのかもしれません。 猫の魅力と「猫との縁」の不思議さが、いっぱいに溢れた本と言ってもよさそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示