サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. isaisaさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年2月)

isaisaさんのレビュー一覧

投稿者:isaisa

1 件中 1 件~ 1 件を表示

私は薬に殺される

2003/12/21 14:31

医療過誤・薬害の恐ろしさを考えさせられた一冊

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

書店の店頭に積まれていたこの1册の本を手に取り、何気なくぱらぱらと目を通し、医療関係に何の興味もなかった私が、目を離せなくなり即座に買ってしまった。
読み進めていくうちに、他人事ではない、まさにどんな人にでも起こりうる医療過誤および薬害の現実に身震いする恐ろしさを感じました。本当に私たち一般人は特別な医療の知識などなく、体調がすぐれないと病院へ行き、診察を受け、医師の指示に従い、出された薬を言い付けどおりきちんと服用する。知識があれば、問題意識も生まれるが、何の知識も情報持たない人にとって医師は絶対的信頼をもって信じるしかないのです。つまらない質問や聞きかじりの知識を口にすると、医師からうっとうしがられたり、診療を適当にされるのではないかという懸念もあり、いらないことは言わない方がいいのだろうと、診察料を払いながらも、医師に気を遣っている人も多いのではないでしょうか。
この著者のように、強い信念をもって最後まで戦える人はほぼいないといっていいかもしれないけれど、被害者の苦しみの上に医療改正が進んでいくのだろうから、力の限り戦っている姿をこの著書で多くの人に知ってほしいと痛切に感じました。
表現が少し乱暴な所もありますが、自分が著者の立場であれば素直なところこういう心情は理解できます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示