サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. リズさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年2月)

リズさんのレビュー一覧

投稿者:リズ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

ひきこもりセキラララ

2004/01/16 03:57

ひきこもりの人の心の軌跡がわかる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

かつてのクラスメートが引きこもりになったという映画を見ているような感じで読めて新鮮だった。

初めは正月の郵便受けの場面。年賀状が数枚(あるいはゼロ?)を無言で確認する30男。画面飛んで、大学卒業時に就職に踏み出せない学生の彼と家族との軋轢。そして大声挙げて畳を叩いたり1日布団に伏せる引きこもり。
また画面変わって、意を決して入社した会社で、電話の応対にオロオロ、仕事が遅いと怒鳴られ。「むいてない。いらない」と上司にいわれ会社に行けなくなり、再び引きこもり。

その彼の小学生時代にカットバック。
目立たないけど絵のうまい子。でも男の子必須のサッカーでの集団プレーは苦手を引け目に感じてる。男の子社会のよくあるイジメを経験。
中学、高校ではナメラレまいと、クラスのお笑い芸人的存在になり、休み時間にトイレでほっと息整えて授業への日々。家に帰ると笑顔がひきつったままで、気がつくと涙が出ている。休日は疲労で一日布団の中。

さらに家族から漫画は勉強を妨げると、絵を捨てられる場面など。

フリーターとパラサイト、引きこもりの社会的考察や、30代引きこもりには就労が一番の問題など、大きな問題定義をしている本だが、「普通の子」といわれていただろうクラスメートが、引きこもりになる時代の心の軌跡を
言葉と視覚的言語、それに漫画も加えて書いてあって、多くの人に読んでもらいたいと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示