サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. furikkuさんのレビュー一覧

furikkuさんのレビュー一覧

投稿者:furikku

1 件中 1 件~ 1 件を表示

「間違ってばかりの英会話本選び」にFinalAnswer!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 こんなこと今まで誰も言わなかったし、書かなかったと思う。読んでみれば、なるほど、そうだなと思えることばかりなのに。これまで職業柄(私は英語教師です)、いろんな英語の本を立ち読みしたり、実際買ったりしてきた。
 「絶対音読」、これも買いました。國弘さんのおっしゃることはその通りで、自分の授業でも取り入れるように工夫しているつもりなのですが、最後に載っているトレーニングマニュアル通りに、諦めずにやれる人はどれくらいいるのでしょうか。よほど強い意志がないと出来ないような気がします。
 「Big Fat Cat」、これも買いました。最初の一冊だけですが。この本は表紙も中もとてもきれいで持ってるだけで、英語が出来るようになるような、そんな happy な気持ちにさせてくれる本でしたが、さっと英文を読んだ後はそれでお終いでした。そうそう、でもこれは言っておかなくては。筆者がいろいろ苦労したあげくたどり着いたのが、ミドリ、アカ、アオ(順番は違っているかも)の語順だったというところ。これはその通りで全く納得。
 ところで、この「センとマルとセンで…」の本は、ミドリ、アカ、アオという考え方は同じなのです。つまり、英語の基本語順は、<名詞+動詞+名詞>。これをどのように学ぶのかの方法が全く違います。日本語を英語の語順に並べてみるという作業をイソップ物語でやるようになっているのです。単語のヒントが全てついているので寝っ転がってセンやマルに入れる日本語を声に出して言うだけでOK.それで、英語の語順感覚がつかめる仕組みになっています。もちろん机に向かって鉛筆をもってやってもいいのですが。
 最後にイソップ物語がこんなに奥が深いとは! 「オオカミと少年」の話を嘘を付かれる側から見てみるとどうなるのか、これは読んでのお楽しみ。この他に10話が練習問題として載っている。カラーのイラストもとてもきれい。
 ひとつ注文を付けるなら、英文朗読CDが付いていないこと。SIM方式(SG英語+SG日本語、SG英語+ポーズ、通読)なら最高だが。
 いずれにしても一読をお勧めします。 Irresistible!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示