サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. jqさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

jqさんのレビュー一覧

投稿者:jq

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本作家の猫

2006/07/10 11:08

ねこという不思議なメディア

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

作家たちをねこという切り口からみてみると、意外なポートレイトが浮かび上がってきます。「そこにおじゅの(そこにいるの)?」という赤ちゃん言葉をねこに使っていたという稲垣足穂。ねこになりたくてねこの格好をしていたというコレット。ミステリアスなクロねこを愛した竹下夢二。愛猫の欲するがままに河豚のひものをあげた谷崎潤一郎。ねこに踊りを踊らせたり、気まぐれに愛していたのは開高健……。
作家たちのミューズとして時には霊感を与え、時には愛玩の対象として彼らの魂を癒してきたねこという動物は、不思議な存在だと改めて実感。読み終えたあとは、ステキな童話を読んだような後味が残る一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示