サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ミカドさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

ミカドさんのレビュー一覧

投稿者:ミカド

1 件中 1 件~ 1 件を表示

特殊である、という事。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 まず、最初に一言いわせていただくと、この本は非常に「特殊」である、と言えると思います。
 自分は、この作者のほかの作品も読んでいるもので、軽い気持ちで購入したのですが、他の作品とは明らかに系統が違い、驚きを禁じえませんでした。
 他の作品ではまぁ元々が特殊なジャンルではあるという事を差し引けば、方向性としては、まぁおかしくないと感じていたのですが、この作品は明らかに方向性が違いました。
 強いて言うならばいつもの作品が、作者の気持ちを情熱的に語っているものものだとすると、この作品はその語っている作者を端から見て語っている、とでもいうような作りになっており、如何にいつもの自分が滑稽なのかということを書き出し、まるで自分自身で批評しているかのようにすら感じました。
 まぁココまで自分はまるでこの作品に対し批判的であるかのように書いてきたように思われる人もおられるかもしれませんが、そんなことはありません。
 文章の読みやすさ、引き込み方、共にかなりの物だと思います、自分てきには自信をもってお勧めできる一冊だといえます。
 まぁあまりに「特殊」であるため拒否反応を示す方などはおられるかも知れませんが……。
 この「特殊」さが許せる、もしくは共感できる、といった方にはとても楽しめる一冊であると言えると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示