サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. arouさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年4月)

arouさんのレビュー一覧

投稿者:arou

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本ゆびさきミルクティー 2

2004/02/01 01:20

モラトリアム的なアイデンティティー

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

とあるきっかけで女装をすることになり、その過程で
自分の持っていた「少女的」な可愛さに目覚めて女装に魅入られた少年と
幼なじみの中学生、眼鏡の似合うクラスメートの子3人の三角関係が
物語の中心になっているのだが、特筆すべきはこの作品は従来の

AとBの女の子、君はどっちを選ぶ?

といった単純な2択の問題ではなく、主人公の少年が最も
愛しているのはたぶん「女装の似合っている可愛い自分」
なのだろうという点だ。

「少女みたいな可愛い自分」
「自分に想いを寄せている子がいつも側にいる」という2つの現実が
少年の周りを囲む世界を居心地のいいものに変えている。つまりその
2つの現実が少年の内面にある自我を支えるアイデンティティだと
言ってもいい。

だから、この物語で少年は少女2人からの想いを
曖昧なものにしておきたいと思い、少しでも長続きさせる行動をする。
(2巻の段階で)

だけどそんな少年も声変わり、身長の伸びなどの身体の成長で
女装できなくなるという現実に直面する。また少女たちも
婉曲な表現、直接な表現を使い分け少年に剥き出しの感情をぶつける
「女装のできない自分」
「自分に想いを寄せている子を、いつまでも側に置いておけない」という
現実にぶつかることで、けっして長続きなどすることのないきわめて
モラトリアムな2つのアイデンティティを失いかけた少年が
どんな選択をするのだろうか。また、その2つの代わりとなる
アイデンティティーをいかに構築するのか
興味は尽きない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示