サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. friend&pearさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

friend&pearさんのレビュー一覧

投稿者:friend&pear

2 件中 1 件~ 2 件を表示

オーク・トリネコ・ナナカマドに万歳!!!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

……っもううぅぅ! サイコーー!!
半日かかって、一気に読んじゃった!!
巧妙に仕掛けられたワナ。それはこの一冊にとどまらない!!
一巻にでてきた***ーとか、***とか、**ー*とか。
二巻じゃあ、……!! 誰なのかは、教えられません!
それに、魔法が多種多様! 想像力豊か。魔法ってのは呪文を、ペラペラペラッて唱えてハイ、終わりってもんじゃナイ。たくさん使えば疲れるし、時と場合によって魔法だって選んで使わなきゃいけないし……。それに、できることなら魔法は人を不幸にするためには使いたくはない。でも、人々を救うためっていっても、改革はいつも犠牲ととなりあわせ。主人公のランドルは悩む……。
  それに、魔法使いにとってモット厄介なことがある。それは、「魔法使いは嘘がつけない」こと。
 「世界は真実の積み重ねでできている。
    ウソをつくと、真実に命令する力は弱まる。」
これはこの本のなかで、私が一番好きな言葉。コレって本当だと思う。

ちなみに、この本、初めてこの「bk1」で買いました。
郵便受けに大きめの包みを見た瞬間。テストが終わって親から読む許可が下りた瞬間。読み始める瞬間。そしてとうとう、ランドルが一人前としてマスター・ランドルとなった瞬間!! ぅぅぅううんん!! サイコーー!!

ついでに…私、実はリースが大好きだったんデス。リュートと共に美しいアルトを響かせる吟遊詩人のリース。ほっそりした男装の少女リース。涙に目を潤ませたり、怒りに目を輝かしたり…。

とうとう、このサークル・オブ・マジックも最終巻。
色々あったランドルたち一行も…!
                     私から、——— 祝!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ズエッタィィに止まらない…

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

MY友達が読んでいたアルテミス・ファウル。
私:[おもしろい?」  友達:「…おっもしろいよぉ〜!!!」
その一言ですぐその気になった私!! 帰りに書店でさっそく…!
さ〜て、それからが大変。勉強しなきゃ! でも…読みたい…。
一巻を読まずに読んでしまった私。最初はヘッ?て思ったところもあったけど、
(妖精って、かわいいんじゃないの?とかネ)そのうち没頭…時間を忘れて困
りました…ハァ…。
  …さて…やっぱりカッコイイのがホリー大尉! 特にあの最後のコインをトスして撃つシーン。最高にクールで最高にカッコイイ!
それにモチロン、アルテミス・ファウル。最初の心理カウンセラーのシーン。
「椅子について話そうか」あのワルな感じと、ずば抜けた観察力!! 観察力は、
シャーロック・ホームズなみ? びみょーにかっこいい。フフッ!
いろんな武器と、いろんなアクション! 悪者の策略と味方の計画。よく練られた
筋に、そのはしばしでチラッと見えるココロの変化。あのアルテミス・ファウル
も一人の少年(天才さは尋常じゃナイけど)。そしてユニークな登場人物!(まあ
ね、人間じゃないヤツも一杯いるし…)

この書評を読んでくださっている皆さん、これからこの本を買おうと思っている皆
さん! 押し売りではナイんですが…一つ…読み始めたらズエッタィィに止まりません! これは保証します(私の場合そうでした!)。どうぞご注意を…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示