サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ジョリーさんのレビュー一覧

ジョリーさんのレビュー一覧

投稿者:ジョリー

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本哲ちゃんの詩

2004/02/10 14:10

絵と詩のコラボレーション

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 “哲ちゃん”こと岩下哲士氏は「紫陽花」「鶏頭」「朝ごはん」など、身近なものを絵の題材に扱う。スケッチをせずに対象をじっと見つめ、話しかけ、そっと触れる。ものの本質を浮かび上がらせた作品の数々は、一粒の米、ひとひらの花の様相を見るものに気づかせる。
 『十人十色』では、赤、青、黄色のお地蔵さんが目を見開き、笑う。そんな哲ちゃんの絵に「難民を助ける会」の柳瀬房子理事長が、温かい詩を添えた。
 『ひとは十人十色 それぞれ個性があるんだ』。哲ちゃんは1歳の時に急性小児片マヒを患い、左半身が動かなくなった。絵を描くことで、体や言葉で表現できない心の葛藤や感動を伝える。大胆な色使いに奇抜な構図が斬新で魅力的だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ひとりずもう

2004/02/04 13:11

大人も楽しめる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 心妖怪シリーズ/『ひとりずもう』『毒づき法師』『ふこうばなし』は、人間の心をすみかにしている現代の妖怪をテーマとした絵本のシリーズだ。友だちに意地悪した時、嫉妬した時、裏切った時……。そんな時にできる“心のすきま”が妖怪たちの絶好の居場所になると本書は語りかける。
 妖怪に取りつかれた人間はどうなってしまうのか、妖怪の呪縛から逃れる方法はあるのか。読み手の心の扉を開き、自己を見つめなおすきっかけを与えてくれる。同シリーズは小学校中学年対象だが、大人が読んでも楽しめる内容となっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示