サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 通りすがりさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

通りすがりさんのレビュー一覧

投稿者:通りすがり

4 件中 1 件~ 4 件を表示

元気が一番!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 とにかく、タイトルで購入した。帯には、あのDr.コパが開運の秘訣を教えてくれていると言う。これは買うしかない! と思ったのだ。
 そして期待は外れなかった。亥歳の人が集まると、こんなに素晴らしいのかと、これでもかと事実を見せ付けてくれる。亥歳は集まって何かをすると必ず成功する! これは、この本を読めば理解できると思う。かく言う自分も亥歳なのだが、周囲には亥歳が居ない。この本によって、同郷の友に連絡を取ってみようとの気持ちが湧いてきた。
 亥歳の諸君、今こそ我々の出番かもしれない。きたる亥年の時、何かが起こるかも?!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本The manzai 2

2004/12/07 15:24

大人も読みたい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 今作にマンザイは爪の先ほども出てこない。事件を通して主人公の歩が少し強くなる過程が書かれている。
 しかし、マンザイに情熱を注ぐ少年の決意は固く、歩を捕獲しようと外側からジワリと包囲し、内側には知らぬ間に入り込むことに成功する。
 果たして、歩はマンザイをすることになり少年の願いは叶うのか、全ては次回作への楽しみとなっている。早く次巻が出ることを望むのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本The manzai

2004/04/13 13:28

漫才には遠いが

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 自分の所為で父と姉を亡くしてしまったと苦しむ少年歩。そんないっぱいいっぱいの彼に「笑い」がいかに大事かを伝えたい少年。彼らが退屈で真面目な文化祭を、漫才で笑いの渦に落としてみたい気持ちや、障害に立ち向かう姿を丁寧に表現している。
 漫才としてはまだまだではあるが、最初から完成しているもの程つまらないものはない。自作での彼らの成長が気になる一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本No.6 #2

2004/04/13 12:52

若さゆえの行動力を巧みに表現している

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 何不自由なく生活していた場所を飛び出した紫苑が、ねずみを知ろうと外の世界を知ろうと必死に吸収していく。
 自分の体にある抗体でNo.6の人々を助けたい紫苑。No.6を破壊したくて憎むねずみ。二人の進む先には何が待っているのか。

 今後の伏線が詰まっているだろう2巻目。少年たちの迷いや葛藤、果ては咄嗟の行動まで、あさのあつこが生み出す世界観と彼らの動向に、これからも目が離せない。ねずみの名前や過去がちっとも出てこない部分で、読者を引っ張る素質が充分にある。次回こそは、名前が出て欲しいところ。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示